エアコン移設にかかった実際の費用と詳細

先日、アイ・コーポレーションに中途半端な掃除をしてもらったエアコンの移設作業を行いました。

上記事にも書いてますが、貸家にはエアコンを設置してまだ3年も経っていないため、新しいエアコンは付けず貸家から新築へ移設します。

途中起きたトラブルも含めて、詳細を書きます~。

エアコン移設を頼んだ電気屋さん

頼んだのはユニバーサルホーム御用達の電気屋さんで、我が家の電気配線関係の工事も担当されている方です。

本来なら家電量販店等に頼めば安く済むようですが、なにより新築なので変な仕事をしてもらいたくありません。
壁や柱に間違って穴ほがしてもらったら、困りますからね~(/・ω・)/

ちょっと高いお金を払ってでも、ユニバーサルホームのことをよく知っている電気屋さんにお願いしようと思ってました。
ということで、今回業者への直接依頼は行っておらず、ユニバの担当者にお願いしました。

  スポンサードリンク

ユニバの担当者へ見積り依頼

工務担当者Aさんから
「見積りを取りますので、型番と設置する場所を教えてください。」
とのこと。

私は営業担当者BさんのLINEを知っていたので、それぞれのエアコン型番シールの写真を撮って送り、設置する部屋を教えました。

このことが後でトラブルの原因に・・・(‘Д’)

エアコン移設にかかった実際の費用

いくら高くてもユニバ以外に頼むことは考えてなかったので、大体の金額を聞きそのまま移設を行ってもらいました。

エアコン移設後に頂いた請求書です。

金額 100,000円

簡単な解説を~。

既存取外し、運搬

貸家に設置されているエアコンの取外しと、新築場所への運搬費用です。

貸家は平屋建てなので、全て1階に設置してありました。
1台4,000円で3台分12,000円となります。

大きさはバラバラですが、金額は同じでしたね。

1Fルームエアコン取付け

1階はLDKと和室に取り付けます。

1台13,000円なので、計26,000円

2Fルームエアコン取付け

2階は夫の部屋に取り付けます。

一番大きな部屋ですね~。

1階に取り付けるより16,000円高くなってます。
配管が長くなるのと、設置するのに危険だからかな・・・?
計30,000円

で、消費税を含めた全ての合計が100,000円になります。

  スポンサードリンク

エアコンの配置が間違っている

エアコン移設は引渡し前に行いました。
どうなっているのか気になったので移設後の家の中を覗いたところ、なんと!

和室と2階の部屋のエアコンが逆になっている!

5.4畳の和室に14畳用のエアコン、12.7畳の部屋に6畳用のエアコンが設置してありました(/・ω・)/

なにかの間違いだと思い工務担当者Aさんに確認したところ、どうやら私が営業担当者Bさんに送った型番の写真を、順番を入れ替えて工務担当者Aさんに転送してたみたい(/・ω・)/
おっちょこちょいですね~(笑

私の間違いではないということで、本来の配置にやり直してもらいました~(*_*;
もちろんかかる費用はそのままです(笑

まとめ

エアコン移設の費用は相場より高いと思います。
その辺の地元の電気屋さんに頼めば3割ぐらいは安くなりそう。

でも、家のことを考えれば仕方ないですね。

ちなみに引渡し前の建築トラブルといったら、これくらいでしたね~。
修正可能なトラブルで良かったです(/・ω・)/