[新築外構]実際の完成イメージと外構工事費用の見積書を公開!

先日の記事の続きです~。

最初の外構費用の見積りが260万円を超えたため、もっと安くならないかと思い近隣の外構業者を訪問。
希望とする外構を伝えて、細かいところはお任せしました。
予算は出来るだけ200万円以下にして欲しいと要望。

3週間後、完成イメージと見積書が出来上がったとのことで夫婦で打ち合わせに行きました。

見せてもらったイメージがこれ。

「おー!いい感じ!!」

肝心の金額はというと

3,170,200円!

高くなってるやん(/・ω・)/

そして、こちらが見積書の内訳です。

簡単に詳細を書きます~。

なお、前回記事と被ってる工事内容の説明は省きます。

外構工事費用の見積書詳細

1.土工事

水盛遣方損料(外構)とは水平を測るための作業のようです。

金額150,000円

2.整地工事

ユニバーサルホームの見積書と違い、土工事と整地工事が分けて記載されてます。

金額448,600円

3.門廻り工事

完成イメージにあるように、表札やポストを設置する玄関前の機能門柱工事とその周りの乱形石貼工事のことです。

機能門柱のことは担当者の方になにも伝えてなかったんですが、勝手に追加されてました。
多分、新築した人は皆付けてるんでしょうね。

我が家の場合、ポストを玄関外に置いてしまうと郵便物を取りに行くときメンドいので、設置する予定はありません。雨降ったら濡れちゃうし(/・ω・)/
表札もどこにもつけません~。

金額295,535円

4.車庫工事

カーポート設置とその下のコンクリ工事のことです。

カーポート本体について、ユニバーサルホームはLIXILのテリオスポートだったのに対し、こちらは三共アルミのG-1SSです。
値段は三共アルミの方が13,000円ほど高いですね。

金額987,320円

5.ガーデンウォール工事

最初は目隠しフェンスを希望として伝えたんですが、に変更されてました。

多分強風のことを考えて変えてくれたんだと思います。

金額551,065円

6.境界工事

ブロック&フェンス材料は適当に選んでもらってます。

金額302,850円

7.運搬費&諸経費

金額200,000円

8.合計

上記の合計金額2,935,370円に消費税を加えたものが

総額3,170,200円

です。

  スポンサードリンク

夫婦で意見が食い違う

最初、外構業者に希望を伝えに行ったのは私だったんですが、妻はこのイメージを見て「玄関前にカーポートを置きたくない!カーポートを置くなら西側!」と・・・。

どうやら見た目を気にしているようでした。

実際、西側にカーポートを設置してしまうと玄関から離れてしまうので、重い荷物を運ぶときや雨の日など結構不便になるんですよね。

しかも西側には浄化槽があるためその上には車を停められないし、浄化槽南側に設置したとしても道路ギリギリまでカーポートの屋根が来ます。
車の出し入れ時に他車などを気にしないといけないため、とてもめんどい。

打ち合わせの最中に意見が食い違い先へ進まなくなったので、一旦話を終えまた後日担当者へ連絡することにしました。

続きはこちら『[外構決定!]実際にかかった外構工事費用の見積書

まとめ

最終的に外構工事は、この業者さんに頼みませんでした。

理由は
①ユニバーサルホームの見積書と内訳を比べても、大して安くない。
②金額に差がないなら家を建ててもらったところに外構もお願いした方が、なにかあった時連絡しやすい。

③そして一番気になったのが境界工事。

金額的にはユニバーサルホームの半額だったんですが、施行方法が違いブロックとL型擁壁をボンドで接着させるようでした。
ユニバーサルホームはL型擁壁に鉄筋を打ち込みブロックを固定させるとのこと。

強度的に不安が残ったのと、「この辺りで金額調整してるのかな・・・」と疑心暗鬼に思ったためこの業者さんには決めておりません。