[印刷ミス・書き損じ]去年の年賀状を切手や現金に交換する方法

もうすぐ年末ですね。今年もめんどうな年賀状を出さなくてはいけません。

先日、去年使わなかった年賀状が出てきたので郵便局にて交換してきました。
あらかじめ言っときますが切手には直接交換可能現金には直接交換不可能です。

現金はいろいろな手順を踏まないと無理ってことですね(*_*;

やり方を書いておきます。

出てきた去年の年賀状

表裏こんな感じ。
印刷したけど使わなかったもの、印刷する向きを間違ったもの、子供が落書きしたものが含まれてます。

本来何も印刷記入等されていなければ、金券ショップに持って行くと買い取ってくれます。
ただ、この場合はいろいろ書いてあったり印字されてるので無理ですね(‘Д’)

ネットで調べたら郵便局で交換できるって書いてあったので、実際行ってきました。
(何も書いてない普通ハガキなどもありますが、金券ショップには持って行かず郵便局で済ませました。)

  スポンサードリンク

現金への交換は不可能

最初の方にも不可能と書きましたが、念のため郵便局員さんに直接聞きました。
が、やっぱり無理でした。

ついでに言うと、今年の年賀状への交換も不可能です。
ハガキや切手には交換可能なのに、なんで年賀状は無理なんだろう・・・(+_+)
やっぱノルマかな(笑

私の場合はハガキも切手もあまり使いませんが、一応有用性のある切手に交換してきました。

領収書の内訳

52円ハガキが全部で11枚あったので、計572円。

交換手数料として1枚5円、計55円かかります。
交換した切手が82円×6枚、10円×2枚、1円×5枚で計517円。
手数料と合わせてちょうど572円です。

1円切手なんかあるんですね。切手作るのに1円以上かかりそう(‘Д’)

  スポンサードリンク

まとめ

題名の通り、印刷ミスや書き損じた去年の年賀状を切手に交換するときは、直接郵便局に持って行きましょう。
現金化するときは、この交換した切手をフリマサイトか金券ショップで売るわけですね。
(なにも記入や印字されていない、キレイな年賀状なら直接売ることができます。フリマサイトなら印字等されてても売れるかも(笑)

買い取り価格が8割ぐらいだとすると、500円分の切手が現金400円に!

ちょっと手間はかかりますが、どうせ去年の年賀状なんか使わないのでやってみる価値はあると思います。
特に、余ってる年賀状が大量にあるのなら、おこずかいにもなりますからね。

私の場合は金券ショップに行くのが面倒なので、切手のまま保管しておきます~。

注)年賀状を交換するときは、ちゃんと当選番号を調べてから行きましょう!

追記

今回の記事では「年賀状」と書いていますが、まだ郵便で出す前のものを「年賀ハガキ」というそうです。
恥ずかしいことにこの記事を書くまで知りませんでした(*_*;

検索で引っかかりやすそうなので「年賀状」のままにしときます。

なお、2019年からは年賀ハガキも62円に値上がりします。
上記のやり方に変更はありませんが交換しなくてもいいよう、できるだけ印刷ミス等はなくしたいですね(/・ω・)/

スポンサードリンク

フォローする