家を建てる時期(季節)はいつがいいのか?

我が家は2月末着工5月末に引渡しを受けてます。

本来ゴールデンウィーク前に引渡しまで終わらせるはずだったんですが、宅地造成工事の開始が若干伸びてしまいその分遅れてしまいました。
ま、そこまで工期が伸びた訳ではないので大して気にしてませんけどね♪

ちなみに、GW前に引渡しを終わらせたかったのは理由があります。
また、この時期に着工したのにも理由があります。

今回はなぜこの時期(季節)に家を建てたのか皆さまにお伝えしときます。
一つの意見として、頭の片隅にでも入れておいてもらったら嬉しいです♪

1.梅雨の時期に家を建てたくない

私も4月頃から新築のことを考え始めたので、通勤時とかに建築途中の家が気になってました。
しかもほとんど毎日通るので、どんな状態なのかも分かります。
なので、6月中旬頃はずっと養生シートで覆われている家が目につきました。(養生中の家

基礎は雨に濡れても乾くからいいんですが木は膨張しますからね(;^ω^)
きちんと養生されてるっていっても、やっぱりなんか嫌です。

セキスイハイムさんみたいな「ユニット工法」なら雨に濡れなくて済むんでしょうけどね~。

2.台風の時期に家を建てたくない

私が目撃した中でこういった家がありました。

台風ではなかったんですが、強風のため家を覆った養生シートを手で押さえられてる業者さんがいらっしゃいました。スーツ姿だったので多分営業さんだったのかも。

「雨に加え強風で建築中の家がどうにかなるかもしれない・・・( ゚Д゚)」
こんなことを考えながら、建築中の家のことを心配するのはイヤですよね~。

最近の台風は日本全国油断できません。7月~10月の間は要注意です。

  スポンサードリンク

3.真夏に家を建てたくない

1つ目は、大工さんの集中力がなくなり仕事が疎かになりそうだから。
でも、これはあくまで主観です(笑

私自身、暑いと仕事のやる気がでませんからね~(;^ω^)
できれば大工さんが仕事をやりやすい時期に、家を建てたいと思ってました。

2つ目は、私みたいにエアコンを移設する場合、引渡しまでの間エアコンが使えません。
冬はヒーター等で補えますが、さすがに真夏はキツイですね。

エアコンを新規購入される方には関係ない話ですけど(/ω\)

4.行事が影響する時期に家を建てたくない

私の場合、家づくりを進めていく上で地鎮祭上棟式時の餅投げは避けて通れませんでした。
どちらの行事も外で行うため、真冬や真夏は身体的にキツイし雨などの天候にも左右されます。

どうせ行うのなら行事がスムーズに進むよう、悪天候になりにくい時期に家を建てたいですね~。

5.食中毒が起こりやすい時期に家を建てたくない

4の行事と関係してます。

地鎮祭と上棟式時の餅投げ、どちらも食品を扱います。
特に餅投げは餅を沢山の人が食べるため、暑い時期はできるだけ避けたいです。

私もちょっと怖かったので、自分達では餅を作らず饅頭屋さんに頼みました(/ω\)

6.引越ししやすい時期に家を建てたい

・3月頃は引越し業者も忙しく、スケジュールが合わなかったり値段も上がったりします。
・梅雨の時期は、雨が降った場合引越し作業が大変です。
・台風が来たら引越し作業を行えない場合があります。
・真夏、真冬の引越し作業はキツイです。
・働きながらの引越しは時間がかかります。

こういった理由からGW前引渡しが理想ですね~。

私の場合結果的に引渡しが伸びてしまったので、有休とって引越したんですけど(笑

まとめ

ネットでちょっと調べてみましたが、雪国だと冬もまずいらしい。
寒くて基礎のコンクリートが固まりにくいとのこと。

なかには「建築のプロだから季節関係なく大丈夫です。」って書いてあったりしますが、上記のように家本体以外のことも影響してきます。
リスクはできるだけ減らした状態で建てたいですよね。

ということで、家を建てるならやはりでしょう。

できれば若干寒い時期から着工し、梅雨前には引渡しを終わらせておきたいところです。
GWに引越し作業を行えるのなら、それまでに引渡しを済ませるのが一番理想ですけどね。

スポンサードリンク

フォローする