安くならなかった田んぼの埋め立て費用

結構前に書いた宅地造成のことです。
今回はリアルタイムな話で、『田んぼの埋め立て費用の見積書』の続きです。

直接見積りを依頼した業者が一番安かった

ユニバーサルホームさんの提携してる土木業者に見積りを頼んだのですが、結局安くなりませんでした。私が直接見積りをお願いした土木業者が、一番安かったということです(;^ω^)

「4社に見積りを依頼したが、どこも210万円~240万円ほどかかり187万円には遠く及ばなかった」ということでした。

仲介料も入ってるのかもしれないけど、ちょっと差がありすぎますよね”(-“”-)”

ということで、私が直接見積りを依頼した土木業者と今週末話してきます。
一度お断りしたんでちょっと気まずいですが、料金が前と変わってなければお願いするかも。

ただ、L字擁壁の高さを1mに変更してもらって、盛土を下げた場合の金額も知りたいんですよね。どうしようか迷ってます(‘◇’)ゞ
12月上旬に農地転用が完了するので、早くしないと・・・。

その後の打ち合わせの結果

結果的に田んぼの埋め立て費用は前頂いていた見積書と同じ金額で、宅地造成工事可能とのことでした。
10万円しか変わらないので宅地用のL型擁壁でいくつもりです。
一生住むことを考えたら10万円を惜しんではいけません(笑

ただ問題点が一つ。

農地転用後すぐに宅地造成工事ができない!

農地転用の許可が下りるのが12月10日予定。
ただ土木業者さんが今忙しいみたいで、農地転用許可後すぐには工事に入れないとのこと。
造成工事の開始時期は早くても2018年の3月頃になるということでした。

私のスケジュール的には、農地転用許可後すぐに埋め立てて来年1月に着工、GWの前に引渡しを受けて、GWに引越し作業というのを考えてたんですよね。

埋め立ては10日ぐらいで済むそうですが、新築の着工から引渡しに3か月ほどかかるみたいで、GWまで終わりそうにない( ゚Д゚)

L型擁壁の高さを下げて金額を減らし、すぐ埋め立てしてくれる業者を探そうと思いましたが、水災のことを考えたらそういうわけにもいかず。

現在ちょっと悩み中です。まぁ、来年まで待つことになると思いますけどね・・・”(-“”-)”ハァ

スポンサードリンク

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    山土埋め立てめっちゃ安い

    • inakasarari-man より:

      >匿名さま
      そうですね~。今思えば安く済んだと思ってます。
      HMを通した場合20万円ぐらい上乗せされてそうですね~^^;