地熱床暖房の仕様や我が家での使い方など

やっと冬らしくなってきましたね~。
もしかしたら今年は地熱床暖房を使わないんじゃないかと思ってたんですが、さすがにそういうわけには行きませんでした(笑

2018年11月23日から床暖房の運転を開始したので、床暖房の仕様や我が家の使い方、運転開始後の各部屋の温度などを書きます~。

地熱床暖房の仕様

説明書がこれ。

リモコンはこんな感じです~。

ユニバーサルホームの地熱床暖房はCHOFU製になります。

一条工務店さんの床暖房と同じ製造メーカーのため、リモコンがそっくりです。

ただ一条工務店さんの場合、2階にも床暖房を設置できたり、部屋ごとに床暖房を稼働させることが出来たりします。
ユニバーサルホームは地熱床暖房なので2階には設置できないし、部屋ごとに稼働するなどの設定はできません。
1階を暖めるか暖めないかの2択です。

1.温度設定

30℃~50℃で1℃ずつ設定変更できます。
説明書を見ると60℃にも設定できるようなんですが、我が家の場合できませんでした。
もしかしたら寒い地域のみ設定可能かも?

また、「セーブ温度」と「通常温度」を設定できます。
例えば、21時~0時はセーブ温度(40℃)で稼働し、0時から7時までは通常温度(50℃)で稼働。
といったことができます。

電気代節約用ですかね~。

2.タイマー

エアコンのように「入タイマー」「切タイマー」があります。
でもこれは使いません。

なぜかって?だって「毎日タイマー」があるから(/・ω・)/

毎日タイマーのおかげで、毎日決まった時間帯だけ床暖房を稼働させることが可能。
例えば「1時~2時は通常温度、2時~3時はセーブ温度、3時~4時は稼働停止、4時から5時は通常温度」といった感じで使えます。

我が家はオール電化なので、21時~7時の間は電気代が安くなるためその間だけ稼働させるようにしてます。

この毎日タイマーのおかげで床暖房のON/OFFを忘れずに、快適な生活を送れてるってことですね。

3.温水パイプ

ユニバーサルホームは「不凍液」を循環パイプに入れるんですが、代わりに水道水でも大丈夫なもよう。

ただ外気温によっては水道水だと凍ってしまう場合があるので、やはり不凍液が無難ですね。

なおこの不凍液、数年毎に取り換える必要があります。
費用は約2~3万円とのこと(ユニバの担当者談)

4.他仕様

寒いシーズンになって初めて使うときは、暖い!って感じるのに稼働して約2日かかります。(21時~7時のみ稼働)
事前に気温を調べて、寒くなる2日前ぐらいから稼働させておく必要がありますね~。

また、チャイルドロック機能や寒い地方向けの補助ヒータ(別売)があります。

我が家はどちらも使っておりません~。

  スポンサードリンク

我が家での床暖房の使い方

温度はさきほども書いたように30℃~50℃の間で設定できます。

いきなり50℃で設定しまうと、暑くなりそうな気がしたんでとりあえず40℃から始めたんですが、外気温が10℃ぐらいだとそれでも暑い。。。

数日間、いろいろ試してみて分かった快適な設定温度がこれ。

外気温11℃ 設定温度35℃
外気温  8℃ 設定温度40℃
外気温  5℃ 設定温度45℃
外気温  3℃ 設定温度50℃

こんな感じです~。

設定温度30℃は体感的に暖かくなってる気がしないので、全く使いませんでした(笑

現在の設定は
稼働時間21時~7時まで。
セーブ温度は使用せず、外気温によって通常温度を切り替えながら毎日10時間使ってます~。
今後電気代によっては設定を変えるつもりです。

地熱床暖房稼働後の各箇所の温度

今回はがんばって早く起きました(笑
なお過去の測定結果は↓です。

夏に測った温度はこちら
[地熱床システム]ユニバーサルホームの家は夏本当に涼しいのか?
床暖房稼働前の温度はこちら
[地熱床暖房未使用]冬直前に家の気温を測ってみた

調査日時:2018年12月15日 6時50分~7時35分

調査条件:
1.床暖房の設定温度は50℃
2.天候「晴れ」
3.当日の気温は最高13度最低0度

調査方法:
1.1階LDK、玄関、2階東側部屋、屋外、計4箇所の温度を測定する。
2.測定方法は温湿度計を使用し、屋外→1階→2階の順番で測る。
3.気温表示が止まるのに若干時間がかかるため、各箇所15分後の気温を測定。
4.測定箇所は↓間取り図の①~④

①屋外

温度:-1℃
湿度:95%

当日朝は冷え込むと知ってたので、前の日夜からずっと外に温湿度計を置いておきました。
おかげで、霜が降りて湿度が大変なことになってます(笑


気温は予報とほとんど同じでしたね。

  スポンサードリンク

②1階LDK

温度:20.3℃
湿度:61%

冷たい風が入ってくるため24時間換気の吸気口は閉め、LDKドアも閉め切ってます。
外気温が3℃ぐらいの時でもこのぐらいの温度です。

外から先に測定したので、ちょっと湿度が高めのまま。
(実際は50%ぐらいです。)

③玄関

温度:15.7℃
湿度:54%

確かに暖かいんですが、LDKよりは温度が低いです。
理由はトイレの換気扇や、24時間換気の換気扇、また2階から降りてくる冷気です。

換気扇を止めたら虫が入ってくる気がするので、今のところ止める気はありません~。
2階の冷気はしょうがない(/・ω・)/

ま、外気温のことを考えれば十分です♪

④2階東側部屋

温度:14.3℃
湿度:56%

2階なのに意外と暖かいんですよね~(゜.゜)
床暖房稼働中に部屋のドアを閉めてても、そんなに変わりはありません。
やっぱり家の基礎を暖めてるからでしょうか。・・・よく分かりません(笑

測定結果について

床暖房を使用しているので、当たり前なんですが暖かいです。

また朝7時に床暖房のスイッチが切れますが、その後も21時頃まで気温の変化はさほどありません。
なので、外の冷たい風にさらされて仕事から帰ってきたときは、家が天国のように思えます♪

まとめ

実際住んでみて床暖房がある生活は最高です。
寒さに弱い人には特にオススメ!

そして、もうひとつ床暖房を稼働させて分かったこと。

リビング階段はダメ、ゼッタイ!

ホント止めておいて良かったです。
床暖房の効果を半減させるところでした。

もしリビング階段を付けようと思ってる人が居たら、階段前にドアを付けることをオススメします(/・ω・)/

ちなみにまだ床暖房を使い始めて電気代が明細が届いてません。
もうすぐしたら届くはずなので、後日記事書きます~♪

※2019年6月16日追記

実際にかかった電気代はこちら
実際にかかった床暖房の電気代は!?