キッチンはクリナップの「クリンレディ」にグレードアップ!

契約HM

今回は我が家に設置したキッチンの話です。

ユニバーサルホームのキッチンはクリナップの「ラクエラ」が標準仕様となっていましたが、キャンペーン中ということで同じくクリナップの「クリンレディ」にグレードアップしました。

注)クリンレディは2018年に販売終了しております。

ユニバーサルホームの場合、季節に応じていろいろキャンペーンをやってるみたいですね。

 

ちなみに「ラクエラ」と「クリンレディ」の違いは、耐荷重がアップするのとキャビネット(本体部分)がステンレスになるということでした。
グレードアップしたことで清潔感が増して丈夫になってます^^b

スポンサーリンク

キッチンの仕様は項目が多い

キッチンの仕様は項目が大量にあります。多分、内装の仕様の中で一番多いんじゃないかな。
サイズ(幅)や扉カラーや取っ手の種類などなど・・・。

もちろん標準仕様内で収めないと、オプションになりますけどね~(-“-)

打ち合わせ当時、ユニバーサルホームの担当者に聞くより、クリナップに聞いた方が早いと思って直接ショールームへ行きました。

クリナップのショールーム

前から仕事中に目の前を通ったりしてたので、家づくりに取り掛かる前から気になってました。

ただ、家づくり前は「クリナップ」という会社を知らず、建物の中も見えなかったので「ラップ製品の営業所かな?」って最初は思ってましたね(笑)

実際中に入ってみるとキッチン以外にシステムバスなども置いてあり、とてもきれいです。
お客さんも私たち以外居なかったので、従業員さんを独占して話ができました( `ー´)ノ

クリンレディについて色々聞いたあとカタログを貰って帰宅。
後日、ユニバーサルホームの担当者と仕様を相談~。

決定したクリナップキッチンの仕様

オプション費用がかからないように、標準仕様内で収めました。
我が家のキッチン仕様を書いときます~。

サイズ(幅)

間口255cmのものを選びました。これ以上大きくすることもできますが、オプションになります。最小180cmから最大300cmまでいけるみたいですね。

LDKの幅が400cmあるので、ホントは300cmにしたかった・・・(‘_’)

シンク

ショールームには「流レールシンク」というものが設置してあり、その場で実演してもらいました。
流れた水が一度手元の方へ来てから奥の排水溝へ向かうようになっており、後片付けしやすい!

でも、私の場合はこの「流レールシンク」よりも「美コート」が気に入りました。
シンク内に特殊コーティングがしてあるため、水を流したあとも水滴がほとんど残らない!

自宅のキッチンは調理後水たまりになり汚れも付くので、毎回スポンジでシンクを洗ってます。そういったことをしなくても、台拭きで拭いておけばよさそうな感じでした。

 

それで、実演後に思ったこと。

「流レールシンクの場合、油汚れなども一度手前に流れてくるはず。それだったら最短で汚れが排水溝に向かった方がいいんじゃ・・・(/・ω・)/」

ということで、ただの「美サイレントシンク」に決定。

注)流レールシンクにも美コートは施されてます。

  スポンサーリンク 

水洗金具

これは標準仕様が一つだったので選べません。
自動的に「シャワーホース付きシングルレバー水栓」になりました。

シャワーホースが付いているので、キッチンで髪が洗えます( `ー´)ノ
貸家に住んでた時もキッチンで頭を洗ってたんですが、シャワーホースは付いていなかったのでよく頭を蛇口にぶつけてました。
そんな経験をしなくてもよくなりましたね。

調理器具

ユニバーサルホームはオール電化が標準なので、もちろん「IHクッキングヒーター」です。
IHにもいくつか種類があるようですが、これもオプションとなるので選べませんでした。

なおガスコンロにすることもできますが、光熱費などが増します。

オール電化の意味がなくなるので、ガスコンロにはしておりません。

カラー

床の色に合わせるため「グラセウッドアッシュ」にしました。

グラセウッドアッシュ

ショールームにはそれぞれの色ごとに扉のサンプルが置いてあり、見比べることができます。

私たちみたいに床色と合わせたいと思われる方がいたら、床のサンプル等をハウスメーカーから借りて持って行くといいかもしれませんね~。

色は全40種類ぐらいありましたが、ピカピカして高級そうなものはオプションになるため選べませんでした。

キッチンの高さ

80cm、85cm、90cmから選べます。
夫婦二人ともまぁまぁ身長が高いため「90cm」にしました。

ショールームにはそれぞれ違った高さのシステムキッチンが置いてあります。
実際目の前に立って、体感したうえで決められるのはいいですね。

食洗器

これも標準仕様でついてますが、種類は選べませんでした。
多分一番安いやつだと思います(笑

貸家に住んでた時は、独立した食洗器を持ってたんですが全く使用していませんでした。
同じくこの新しいキッチンの食洗器もまったく使用せず、物入れと化しています。

  スポンサーリンク

取っ手

シンクキャビネットを「スムースバー取っ手(ロングバー取っ手)」、他キャビネットを「ライン取っ手」にしました。

シンクキャビネットにはどうせタオル掛けを付けます。それだったら最初からバー取っ手にしてしまおうということで。

 

他キャビネットはでっぱりがないライン取っ手に。
でっぱりがあると、子どもが小さい時におでこをぶつけてしまいそうで不安になり、こちらを選んでます。

ハイフロアカウンター

キッチン周辺収納になりますが標準仕様です。
サイズは幅150cm×奥行45cm。炊飯器や電気ケトルが置けるタイプです。

色はキッチンと同じにできなかったため、似ていた「ペアウッドアッシュ」にしました。

クリナップのハイフロアカウンター

カップボード

これも標準仕様です。
サイズは幅90cm×奥行45cm。中台シースルー扉タイプです。

こちらの色も「ペアウッドアッシュ」に。
クリナップのカップボード

その他

洗エールレンジフードはオプションで20万円以上したため却下。
・吊戸棚はLDKが狭く感じるため却下。
・引き出しの底板もステンレスにできますが、1箇所3万円かかるとのことなので却下。
・流し前のキッチンパネルキッチン前カウンターは床色に合わせベージュに。(これはクリナップ製品ではありません。オプションになります。)

まとめ

以上が我が家のクリナップキッチン、クリンレディの仕様になります。
全部標準仕様内で決めましたが、新居引越し後も特に不満な点はありませんでした~。

でも、しいて言えばサイズかな・・・(/・ω・)/(笑
キッチンとダイニングの間の通路が1m40cmあるので、ちょっともったいないって思いました。
まぁ、シンク横にゴミ箱等を置いてるのでこれでよかったのかも。

ということで、このキッチンのWEB内覧会はこちらです。

 

なお、当時「ショールームに行っといて良かった~(*_*;」って思ったことがいくつかありました。
それについての記事はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
田舎サラリーマンが建てる新築住宅

コメント