[領収書有]大腸内視鏡検査の体験談と大腸ポリープ切除手術費用

[領収書有]大腸内視鏡検査の体験談と大腸ポリープ切除手術費用

私は2017年2月に大腸ポリープの切除手術を受けております。
何が言いたいのかというと、こんな私でも団体信用生命保険の本審査は通ったってことです。

これだけで終わるとわざわざ記事にする必要がないので、今回は体験談でも語ろうかと。

1回目の大腸内視鏡検査

最初の大腸内視鏡検査は今から3年前。
検査を行うことになった原因は「鳥レバー」と「鳥刺し」でした。
もちろん生。

居酒屋で上記二品を食べた数日後、急にお腹を壊してしまって2日間トイレとお友達に・・・(*_*

血便になっていたのでガンにでもなったのかと思い、近くの胃腸科内科で診てもらいました。

最初の診察では、食べた物を忘れてたので早めに内視鏡検査をしてもらうよう伝えました。

  スポンサードリンク

1回目の大腸内視鏡検査の詳細

3年前のことなので記憶が定かではありませんが、印象に残っていることが2つ。

午後から内視鏡検査だったため、午前中は自宅で下剤を飲んでトイレとお友達になりました。
その後、車で病院に向かうときお腹がヤバかったのを覚えています(笑

もう一つは検査時体内に注入された鎮静剤が合わず、検査終了後全身に蕁麻疹ができました。
数日間、体中掻きむしりまくってお肌がボロボロに(TT

肌も過敏になっていたようで、全身ミミズ腫れみたいになってましたね~(/_;)
1回目の大腸内視鏡検査で一番つらかったのはこれですね。

あれは2度と体験したくない・・・。

1回目の大腸内視鏡検査結果

カンピロバクター腸炎」でした。
簡単にいうと食中毒です(笑

検査後に先生から「なにか変なもの食べた?」って聞かれたとき、ここで「鳥レバー」と「鳥刺し」のことを思い出しました。
とりあえず生ものや重いもの等を控えるよう言われ、薬を貰って帰宅。

食中毒だったんですが熱等もなく、1週間もしないうちに完治^^b

なお、この1回目の検査結果の時、大腸ポリープがあるということを聞かされました。
切除しなかったのは、多分大腸内が爛れて真っ赤になってたからでしょうね~。

ホントは検査と同時に切除してくれると、お金もかからなかったんですが仕方ないです。

2回目の大腸内視鏡検査

1回目の検査から約2年後、今回は大腸ポリープを切除する目的で病院を訪れました。

鎮静剤が合わなかったので、2回目は別の胃腸科内科に・・・。

ここの病院が当たりでしたね~(^^♪
何故かと言ったら、1回目の病院とシステムが全然違う!

・個室でトイレもある。
・専用のテレビがある。
・専用の暖房器具がある。
・スマホ充電用にコンセントが付いてる。
・下剤を飲み始めるのが自宅ではなく病院なので、移動がヤバくない。
・蕁麻疹もでなかった。

こんな感じ。

薬を飲み始めてから移動しなくていいので、1回目の病院と比べてかなり楽でした。

  スポンサードリンク

2回目の大腸内視鏡検査の詳細

朝8時半に病院の個室に入り、ずっと下剤を飲み続けてましたね~。
最初は余裕かませてスマホを触りながら普通の椅子に座ってたんですが、1時間後トイレとお友達に。

ただ、昼前にはお腹も収まりお昼はまったりしてました(/・ω・)/

午後から検査だったんですが、検査前腕に鎮静剤注入用の針を刺されます。
これは意外と痛い(笑

また蕁麻疹は出なかったんですが、鎮静剤があまり効かずちょっと酔っぱらった感じになっただけで普通に記憶が残りました。
しかし、お腹に内視鏡を通されてもそこまで痛くはなかったです。

2回目の大腸内視鏡検査結果

検査中に大腸ポリープの切除をしてもらい無事手術も完了!
ポリープもそこまで大きくなってなく、個数も増えてませんでした。

ただ大腸の一部を切除したため一週間ほど血便になってましたね~。

また、先生からは「一週間はお腹に力入れたり、刺激物食べたらダメよ。」って言われたんですが、2日後には普通に筋トレしてました(笑

大腸ポリープ切除手術費用

病院からもらった領収書を載せときます。

3割負担で18,730円
やはり手術なので結構高いもんですね~。

ただ、私も年収400万円ながら生命保険に入ってます。
領収書に「外来」って書いてあるんですが、診断書を取得したところ1日入院したことになってました。

入院中に手術をすると、保険金が多めに支払われる内容だったため、結構なお金が入って来ました(/・ω・)/
ラッキー!クッキー!もんじゃ焼き!

まとめ

大腸内視鏡検査には意外と体力を使います。
最初の検査後に蕁麻疹が出たのも、腸炎になって体力が落ちてたからかもしれません。

急を要しないなら、身体が落ち着いているときに内視鏡検査を受けた方がいいですね( ゚Д゚)

あと・・・病院選びは慎重に(/・ω・)/

スポンサードリンク

フォローする