新築時の登記費用はいくらかかるのか?もらった見積書を公開!

新築時の登記費用はいくらかかるのか?もらった見積書を公開!

もうすぐ家が完成するので、土地家屋調査士さんと司法書士さんに新築にかかる登記をお願いしています。

今回も直接依頼した方が安くなるだろうと思い、分筆と農地転用をお願いした方に再度依頼しました。
ちなみに司法書士さんはその方のお知り合いです。

我が家の登記にかかる見積書

最初の見積書が土地家屋調査士さんの分、2つ目が司法書士さんの分です。
2つの見積書を合わせて、合計273,000円となっております。

初期に貰ったユニバの見積書には250,000円で見積もってあったんですが、地目変更登記が必要になったので若干高くなってますね。

もしユニバーサルホームに頼んでいた場合は、30万円以上はしていたでしょう。

それぞれの登記の簡単な解説と、かかる費用を書きます~。

我が家に必要な登記の種類とその費用

我が家は親名義の田んぼ分筆及び農地転用し家を建ててます。
もちろん住宅ローンも利用。

報酬額以外にかかる費用(収入印紙等)はまとめて最後に記載します。

1.建物表題登記

家を建てた時に絶対に必要な登記です。
ここの番地にこういった構造の建物が建っている、ということを示すための登記のようです。

詳しくは他サイトで調べてください(/・ω・)/

金額85,000円

  スポンサードリンク

2.土地地目変更登記

この登記、実は土地家屋調査士さんにお願いするまで必要なものだとは知りませんでした。

田んぼの農地転用許可を受け埋め立てた後は、実際に土地の地目を変更するためこの登記をしなければならないということでした。
つまり農地転用とこの地目変更登記はセットになります(/・ω・)/

現在の我が家の土地を見てみると、分筆した①の土地と②の土地は今でも地目が「農地」のままです。

この二つの土地を「宅地」に変更するための登記が「地目変更登記」になります。

それぞれの土地の地目を変更するので一筆30,000円×2ですね。

金額60,000円

3.所有権保存登記

この登記は任意なんですが、抵当権設定のためには必須です。
これをしないと住宅ローンを借りることができません。

「田舎サラリーマン所有の建物だぜ!!」ということを証明するためのものです。

金額20,000円

4.抵当権設定登記

こちらも住宅ローンを借りるために必須な登記です。

この登記をしておくことで、私が毎月の返済額を支払うことができなくなった時、銀行が土地や建物を処分して返済に充てたりすることができるようになります。
担保を提供することで、お金を貸してくれるんですね~(/・ω・)/

見積り作成前に借入額を聞かれたので、金額によって費用が変わってくるもよう。
見積りでは2,300万円で計算してあります。

金額42,000円

5.その他費用

住宅用家屋証明書、完了登記事項証明書、収入印紙代、登録免許税などの費用です。

正直何に必要なのかよく分かりません(笑

住宅用家屋証明書の報酬も混じってます。

金額49,200円

まとめ

ネットでいろいろ調べたところ、今回も相場より安くしてくれてます。ありがたいことですね~♪

前も書きましたが、役場や法務局への申請などは、家の構造と直接関係ないため業者へ直接依頼しても大したデメリットは発生しません。
ま、ローンに組み込むことはできなくなりますけどね^^;

現金をある程度お持ちの方は、是非直接依頼をオススメします!

ホントは誰にも頼まず自分でした方がもっと安くできるんですが、私には知識も時間もありませんので・・・(/・ω・)/

※2018年5月26日追記

ローン実行時住宅ローン借入額を2,250万円に変更したため、抵当権設定にかかる登録免許税が1,000円安くなり、合計金額が272,000円になりました。