農地転用に実際かかった費用は?見積もりを公開します

土地関連

我が家は、農地(田んぼ)を転用し宅地に変えて家を建てました。
今回は、その時にかかった農地転用の費用および期間について書きます~。

なお農地転用の許可申請などの手続きは、ハウスメーカーを通さず知り合いの土地家屋調査士兼行政書士に依頼しました。

スポンサーリンク

農地転用した田んぼ

農地転用前の外観はこちら。
普通の田んぼですね。左側が実家です。
農業振興地域ではなかったので、農振除外等する必要はありませんでした。

農地転用前の田んぼ

そして自作した図面がこちら。

農地転用した場所

図の通り↑の黄色の部分を農地転用しました。
(農地転用前には分筆登記も行ってます。詳しくはこちら

「田1」の①約11坪と「田2」の②約69坪、合わせて約80坪。

なお、実際家を建てたのは②の方だけだったんですが、①まで農地転用したのは、我が家の田んぼが第一種農地だったため実家の土地とくっ付けないと農地転用できなかったからです。
なので、実家の方に凸ってなってます。

農地転用にかかった費用見積書

農地転用前に土地家屋調査士兼行政書士さんから頂いた見積書の一部です。

農地転用と分筆登記の見積書

農地転用許可以外の費用(分筆登記)も含まれているので抜粋して説明します。
なお、今回農地転用にかかった費用は合計112,860円(税込)です。

以下、内訳

2.農地転用許可申請

土地家屋調査士兼行政書士さんに、許可申請を代行してもらったのでその分の報酬額です。

まぁまぁの金額ですね~(/・ω・)/

金額90,000円

④立替金(収入印紙代他)

農地転用許可申請に必要な収入印紙代等を、土地家屋調査士兼行政書士さんが立て替えて支払ってくれたお金です。
記載されている21,000円のうち、農地転用にかかった費用は2,000円です。(本人から聞き取り)

金額2,000円

  スポンサーリンク 

⑤立替金(決済金他)

これには土地改良区に支払った決済金13,150円と、農地転用許可標識代510円が含まれてます。

 

なお決済金とは、農地転用することにより農地を持っている同じ地区の方たちの負担が増えるので、迷惑料みたいなもん・・・ですかね。(詳しくはこちら
農地転用する土地1㎡いくら、といった感じで地区ごとに決められているそうです。

ちなみに私が住んでいる市内でも、北と南で金額が違います。
私の場合、南の地区だったので1㎡=50円で済みましたが、北の地区だと1㎡=118円とのこと。

今回の農地転用面積が263㎡だったので、農地転用したのが北の地区だった場合、決済金が31,034円かかってたということになります。んー結構差がありますね。

 

で、もう一つの農地転用許可標識代とはこれのこと。

農地転用許可標識

この標識を農業委員会が作成してくれますので、その材料費と手数料ですね。
なおこの標識は農地転用工事が完了するまで、看板などに取付けて土地に表示しておく必要があります。
私の場合、氏名が大きく載ってて恥ずかしかったので、道路に面して背を向けて立てかけてました(笑

農地転用にかかった期間

農地転用にかかった期間は約半月でした。
11月15日に申請し、12月1日に転用許可が下りました。意外と早いもんですね。

ただ農地転用の許可申請ができる期限と、農地転用許可が下りる日にちなどが役場によって決まっているそうです。
申請が遅れると許可も1か月遅れたりしますので、気を付けたいところですね。

まとめ

以上で農地転用の費用と期間は、これぐらいかかるということをお伝えできたかと思います。

私が直接依頼した土地家屋調査士兼行政書士さんは、家族の知り合いだったので格安で手続きしていただけました。
初期のユニバーサルホームの見積もりには20万円と記載されていたので約半分で済んだことになりますね。よかったよかった♪

なお農地転用許可後必ず必要となる、地目変更登記についてはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
田舎サラリーマンが建てる新築住宅

コメント