ハウスメーカーに資料請求をするときの注意点

ハウスメーカーに資料請求をするときの注意点

リユースハイムキャンペーンの抽選会に行かなかったんですが、なぜかそれ以降家を建てることにやる気が出てきまして、とりあえず知識を蓄えるためにハウスメーカーに資料請求をしてみました。

資料請求したサイトはどこか忘れました(笑
自分が住んでいる地域で、建築が可能なハウスメーカーだけを選び資料請求できる。
みたいなサイトだったような・・・”(-“”-)”

20社ぐらい同時に請求できたので、とりあえず全て請求してみました。

とどいた資料がこれ!

毎日数社ずつ届き、最終的に全て重ねたら15cm超えてました(笑
写真に載せてるのは一部です^^b

一冊しか送ってこないハウスメーカーもあれば、標準設備のキッチンのカタログ等を送ってこられるハウスメーカーもいました。

そして、資料請求してみてわかったこと。

1.私たちの年収では建築不可能なハウスメーカーがある

ローコストを売りにしているハウスメーカーは大体の金額が載っているんですが、大手のハウスメーカーにはほとんど載ってないんですよね~。気になってネットでそのハウスメーカーの金額を調べてみると

「・・・( ゚Д゚)ウワッ・・・無理だ・・・( ;∀;)」

まぁ、資料請求前に調べればよかったんですけどね~(笑

ちなみに大手有名ハウスメーカーはカタログの材質も違います。
ローコストハウスメーカーはA4紙をホチキス止めとかで来たりします(;^ω^)

  スポンサードリンク

2.カタログを直接持って来られる

電話なしに「ピンポーン!」と資料を持って来られるハウスメーカーもありました。

私はいきなり来訪されても、特に気にしないタイプなのでどうでもいいんですが、家がバレるので嫌な人もいるかも・・・”(-“”-)”

3.いきなり電話が掛かってくる

資料請求後に、

「カタログは届きましたか~?、どうでした??」

みたいな電話がかかってきたりします。
中にはしつこい営業さんもいらっしゃいますので、電話番号は適当に書いていいかもしれませんね^^;
気になるハウスメーカーがあった場合は、こっちから連絡すればいいし♪

最初の電話で、面談しようとする営業さんもいたのでビックリしました(笑

4.建築するハウスメーカーを決めた後も役に立つ

内装や外装を決めるときに、どういった色やデザインがいいのか各社のカタログを参考にしながら決めることができます。特に実例集などは「私もこういった部屋にしたい!」みたいな感じで役に立ちますね。

私たちは契約したユニバーサルホームとの打ち合わせに、サイエンスホームさんの本を持ち込んだりしてました(笑

また、住宅ローンのカタログなどを送付されるハウスメーカーもあるので、請求できる資料はできるだけ多く貰っておいた方がいいです♪
とても勉強になります。

ハウスメーカーを決めた後でも、着工が始まるぐらいまでとっておいた方が〇

スポンサードリンク

5.送られてくるカタログ以外のカタログがある

気になったハウスメーカーのサイトを見てみたら、他にもいっぱい種類があったりするんですよね~。

お気に入りのハウスメーカーがあったら、そのサイトから他のカタログを請求しましょう。

6.自分が住んでいる地域では建築不可能なハウスメーカーもある

気になったハウスメーカーがあったので電話してみたんですが、自分が住んでいる地域では建築が不可能でした(笑
同じ県内でも、建築可能なエリアと不可能なエリアがあったりします。

せっかく地域を指定し資料請求しても、こういうことがあります”(-“”-)”

まとめ

いろんなハウスメーカーの資料を請求して、家族で見てみると結構楽しいもんですよ~♪
高級そうな家を見ながら夢を膨らませるのも面白いです^^b

今思えば、家を建てるとき最初にやることは資料請求だったのかも。
と勝手に思っております( ^^) _旦~~
いや、お金のことが先かな・・・。

次回は、各ハウスメーカーのカタログについて気になったことを書きます。

スポンサードリンク

フォローする