[上棟式]餅投げ用のお金の結び方など

[上棟式]餅投げ用のお金の結び方など

私のニックネームの通り、新築中の家は田舎にあります。
田舎なので上棟式時の餅投げも、新築される方の半々ぐらいはされているようです。

私自身はあまりしたくなかったんですが、家族の意向もあり今回餅投げを行いました(/・ω・)/
上棟式にかかった費用や準備物はまた後日記事にするとして、今回は餅投げ用のお金の結び方などについて書きます~。

餅投げ用のお金の種類と枚数

最近ではお金を投げないところもあるみたいですが、せっかくするのなら近所の子供が喜ぶようなことをしたいと思ったので、今回投げてみました。
私も子供の頃、餅投げの時にお金を拾って大変嬉しかったのを覚えてます♪

ちなみに投げたお金は、5円玉が265枚と50円玉が100枚

どちらも穴が空いている硬貨です。
枚数が合計365枚になるようにしました(ネットで調べてこの枚数に)。

  スポンサードリンク

お金を結ぶ材料その1(花紙)

使用するのは、運動会の看板周りによく飾ってあるポンポンの材料です。

ダイソーから108円で買ってきた、写真右のフラワーペーパー(花紙)で結んでみました。
(左側の花紙は最初から折られていたため、役に立ちませんでした(*_*;)

花紙での結び方

1.端をちぎる

花紙を一枚手に取り、端から約3cmぐらいをちぎります。
残った花紙は次の硬貨用にとっときます。

2.ちぎった花紙を折る

ちぎった花紙を3回ぐらい折って細くします。

3.両端にこよりを作って通す

両端にこよりを作り硬貨を通します。
(片方でも構いませんが、こよりを作りやすいので両方作ってます。)

4.硬貨を結ぶ

結び目がキレイになるよう、若干勢いよく結びます。
(力を入れすぎると花紙が破れるので注意)

5.両端を切る

硬貨から3cmぐらいの所をハサミで切ってできあがり。

お金を結ぶ材料その2(リボン)

花紙はオーソドックスでキレイなんですが、少々時間がかかります。
なので途中からリボンに切り替えました。

これまたダイソーで買ってきた、いろいろな種類のリボン。
商品の置いてあるところが女性だらけだったので、若干恥ずかしかったです(笑

リボンでの結び方

想像通りです。リボンに通して結んで切るだけ。

注意点として、花紙に比べて摩擦が少ないため2回結ぶ必要があります。
また、お金が地面に落ちた時見つけやすくするため、地面と同系色は選ばない方がいいでしょう~。

お金を結ぶのにかかった時間

大体6時間ぐらいかかりましたね~(/_;)

リボンに変えてからペースは速くなりましたが、それでも結構きつかったです。
花紙のまま続けてたら倍ぐらいかかってたかも・・・。

まとめ

私としては花紙がオススメです。
結ぶのに時間はかかりますが、やっぱり餅投げって感じがします。

それに拾う側からしたら、2回結んでるリボンを解くのは大変です。
切るにしてもハサミを使ったりするので、子どもだと危ないですしね~(/・ω・)/

なお、お金を包むという選択肢もありましたが、投げるときに解けてお金だけ飛んで行き、誰も見つけられない可能性があったので止めました。

ちなみにこちらが結んだお金達です~。

やはりリボンは若干安っぽいかも。
ま、硬貨の価値は変わりませんけどね(/・ω・)/

スポンサードリンク

フォローする