宅地造成後(田んぼ埋め立て)の地盤改良工法とかかる費用は?

土地関連

我が家は新築するとき、地盤改良を行いました。
宅地造成(田んぼ埋め立て)して、約2か月後に着工したので地盤改良工事は必須でしたね~。

宅地造成にかかった費用はこちら
宅地造成(田んぼ埋め立て)にかかった費用は?見積書を公開します

当時、地盤調査後にユニバーサルホームの担当者から

地盤調査の結果が思わしくありません(._.)

と言われたときは「まさか100万円超えるんじゃ!?( ゚Д゚)」って思いましたが、最初の見積もりは70万円
前、私が見積もった金額と同じ額が出てきたので予想通りでした。

でも最終的に、この70万円の見積もりを頂いた地盤改良工事業者さんは選ばなかったんですよね~。
なぜ選ばなかったのかは後述するとして、今回は「宅地造成後(田んぼ埋め立て)の地盤改良工法とかかる費用」について書きます~♪

最終的に決めた工法とその費用をすぐ知りたい方は、下まですっ飛ばして下さい(/・ω・)/

スポンサーリンク

地盤調査方法とその結果

地盤改良工事を行うかどうかは、地盤調査後の結果で判断されます。

我が家の地盤調査方法は、よく行われている「スウェーデン式サウンディング試験」っていうものでした。
地盤に槍みたいなものを突き刺して、抵抗を測定するわけですね。

測定場所は、家の角と中心の計5箇所。
地盤調査を行った場所

それで、地盤調査の結果はというと

地盤調査の結果

こんな感じ。

担当者から聞いた内容では、一番左の欄が「深さ」で、右側の棒グラフが「硬さ」を表しているとのこと。(目盛りが右に行くほど硬い)

田んぼに盛土した高さは70cmほどだったので、それより下に行くにつれ地盤が柔かくなっているということです。
宅地造成した時、田んぼの土は鋤取らずにそのまま残っているので、盛土した部分より下は柔らかくて当たり前なんですけどね。

で、さらに地面から2.4mぐらいまで行くと硬い地盤があるようでした。
他の測定地点も大体似たような結果が出ていて、同じく地面から2~3mの所に支持層があるもよう。

元は田んぼだったんですが、意外と浅いところに硬い地盤があってよかったです♪

地盤改良工事の工法とかかる費用

地盤改良工事には工法がいくつかあります。
私が提案を受けたのは下の2つ。

GRPシート工法

最初に書いた70万円という金額は「GRPシート工法」というものです。

貰ってきた見積もりを見ると、砕石を敷き詰めてシートを引くことにより、家の荷重が全体にかかって沈下を防ぐらしい。

図がこちら
GRPシート工法

確認したところ「地面を40cm掘って砕石を入れ、その上にシートを被せてさらに砕石を乗せ家を建てる」予定っぽい。

で、それを見た瞬間思いました。

その下に柔らかい田んぼの土があるのに・・・( ゚Д゚)

↑にも書いてるように、盛土は70cmです。
つまり、砕石を入れてもその下にはブヨンブヨンした土があります。
これは心配。

しかもその会社のHPを見てみると、この地盤改良工法を採用できない場合として、

軟らかい地盤に新たに盛土した場合(3t未満)
(沈下版による計測で沈下が収束した事を確認できた場合は除きます)

って書いてあるんですよね(/・ω・)/

田んぼを埋め立ててから2か月も経ってないし、沈下もまだまだしそうです。
盛土した土が3t未満かどうかはしらないけど、こりゃいかん!と思ってこの70万円の地盤改良工法は不採用になりました。

  スポンサーリンク 

柱状改良工法

もう一社の見積もりがこちらの地盤改良工法でした。

昔からあるオーソドックスな工法ですね~。
地盤に電柱みたいな柱を打って、固い地盤まで届かせる方法です。
実際はセメント注入して固めるみたいですけど。

柱状改良工法

こっちは地面より3m下の硬い地盤まで届くため、普通に安心です。
担当者からもこちらの工法をオススメされました。

ちなみに打つ場所はこんな感じ
セメントを打ち込む場所

約30箇所あります。

で、重要な金額はというと・・・50万円!
ネットで調べた相場の金額より安く若干ビックリしました!

 

打ち合わせ初期の頃、ユニバーサルホームの担当者が

地盤改良工事費は最低でも70万円かかります。

って言ってたのは何だったんだろう・・・。
まぁ、安いのに越したことはないので良かったんですけどね(笑

柱状改良工法のデメリット

費用と工法の面から柱状改良に心が向いたんですが、ちょっと不安になったので柱状改良がどんなものかいろいろ気になって調べてみました。
一度工事を行ってしまうと後には引けませんからね~(/・ω・)/

それで分かった柱状改良工法のデメリット。

1.土地の価値が下がる
2.発がん性物質の「六価クロム」が発生する可能性がある。

など

1はどうでもいいんですが、2が気になってさらに詳しく調べてみました。

・・・

なんか不安を煽り過ぎですね。
柱状改良を行ったとき、地盤の土の質によって六価クロムが発生する場合があるみたいですけど、発生後どうなるのか等の記載がない。

土を浸透する速度や距離、発生する確率、ろ過可能か、などなど。

実際社会問題にまで発展してたら、アスベストやダイオキシンみたいに一度は耳にしてるはず。
なので、今回初めて知ったので大丈夫ってことですね(笑

宅地造成後の地盤改良工法は柱状改良に決定

ということで、いろいろ自分で調べて、ユニバーサルホームの担当者にも話を聞いて、決定した地盤改良工法と費用は「柱状改良工法 50万円(税抜)」になりました。

どうせ一生住むんだし、土地の価値が下がっても気にしません。
田舎だから元々価格安いし・・・(/・ω・)/

柱状改良

↑は柱状改良中の写真です。
地盤にコンクリートを流し込んでいるときの様子。

まとめ

もともと田んぼだった土地を宅地にしたんですが、地盤改良工事の費用が異常にかかるといったことはありませんでした。

地盤の硬さは、元が田んぼだろうと宅地だろうと関係ないってことですね(^^)/
ただ最初に書いた通り、田んぼの場合は盛土をするので地盤改良工事は必須です!

また担当者から聞いた話で、地盤改良工事費が最大で150万円かかった方がいらっしゃったとのこと。
多分固い地盤が相当深いところにあったんでしょうね。

我が家の金額も含めて参考になれば♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
田舎サラリーマンが建てる新築住宅

コメント

  1. なかうみ より:

    わたくしも新築を検討し、何社かHMを回っています。また、土地については元々、田んぼだった(30年前に埋め立て済み)土地を購入しました。購入時に地盤調査を依頼し、軟弱な土地の判定でした。恐れ入りますが、田舎サラリーマンさんの地盤改良工事は、どのくらいの深さ(何メートル)に硬い岩盤があったのでしょうか。よろしければ参考にさせていただきたく存じます。

    • inakasarari-man より:

      >なかうみ様
      コメントありがとうございます♪
      我が家の場合は↑にも書いてる通り、盛土70cmを行った後地盤調査し、3m弱下に固い地盤がありました。
      計5か所調査したんですが、全て同じぐらいでしたよ~♪