防犯カメラを自分で設置してみた!カメラの紹介と取り付け方法について

買ったもの

先日バルコニーに取付けていた防犯カメラが故障しました。
貸家に住んでた初期の頃(2015年)から使用し、新居に引越し後も移設したので約5年使った感じです。
屋外に設置してたのにも関わらず強い台風(最大風速40m)や豪雨にも耐え、よくもった方だと思います。

今回はこの故障したカメラの代わりに、また新しい防犯カメラを購入し設置したのでそのことをお伝えします~。

スポンサーリンク

購入した防犯カメラ

楽天市場に売ってあったSecustationのSC-VX81

(↓リンク先は私が購入したカメラより、さらにバージョンアップしたCX82です。購入した直後にバージョンアップしました(+_+) 値段はこれより安かったんですけどね)

簡単なスペックは
・137万画素
・赤外線LEDあり
・microSDカード録画

その他詳しいスペックはメーカーのHP

 

この防犯カメラを購入した理由は、
1.microSDカードに録画するため、HDDに繋ぐ必要がない。
2.有線接続(一応無線でも録画できる)
3.赤外線ランプがあるので夜もキレイに録画できる。
4.価格が安い
5.故障した防犯カメラも同じメーカーから購入しており、前のカメラも特に不満がなかった。

こんなところですね。
前と同じメーカーのカメラを買っとけば、設定方法等も簡単だろうと思って購入しました。

防犯カメラ設置に用意したもの

防犯カメラ設置用道具

画像だけでは分かりにくいと思いますので、一応詳細を。
かかった費用は防犯カメラ含めて全部で13,000円程です。

1.防犯カメラ本体
他の防犯カメラをネットで見れば分かるんですが、ホントに安いです。
税込価格10,584円

2.延長ケーブル5m(電源ケーブルとLANケーブル一体となっているもの)
前のを使いまわそうと思ったんですが、接触不良のため買い直し。
楽天市場の同じ店舗に売ってありました。
税込価格2,182円

3.六角レンチ
本体に付属していたもの

4.絶縁用ビニールテープ
近くのホームセンターにて購入
税込価格120円

5.自転車荷台用のゴム紐
ダイソーにて購入、2個入り110円を2つ
税込価格220円

6.ハシゴ(写真には写ってません)
実家に置いてあったハシゴを借りました。

7.microSDカード32GB
防犯カメラの映像を録画するのに必要です。
故障したカメラに付いてたものを使い回しました。
画質にもよりますが、私の設定では約100時間ほど連続して録画出来てました。

スポンサーリンク

防犯カメラの設置方法

実際に防犯カメラを取り付けた方法です。
こういったDIYは素人なので、設置方法も素人のやり方になります。

配管(壁の穴)に延長ケーブルを通す

ルーターボックス

我が家のルーターボックスがこれ。光回線関係の装置等がここにまとまってます。
そして、ここのコンセントのすぐそばにある外部へ続く配管がこちら。

防犯カメラ用の配管

新築前に防犯カメラを取り付けることを決めていたので、打ち合わせの時それ用の壁穴を作ってもらうようお願いしてました。

ここに延長ケーブルを通します。
意外と穴が細いので、苦労しました。

防犯カメラ用延長ケーブル

延長ケーブルとカメラを繋ぐ

カメラと接続するケーブルは3つあります。

1.電源用
2.LANケーブル用
3.音声用
このカメラ、スマホから話しかけて、防犯カメラから音声を出したりすることも可能。

1、2は動画を撮るために必須なんですが、私は音声出力、録音をしないため接続しませんでした。

この2つのケーブルを接続し、コンセントを電源に突っ込みLANケーブルをルーターに接続します。

 

※ちなみにこの防犯カメラ、無線LANも対応しています。でも「どうせ電源は有線になるし、コンセントのそばにはルーターがあるし・・・」という理由で有線接続しています。

防犯カメラが正常に稼働するか確認し、絶縁テープを巻く

コンセントにつなげると自動的に起動するので、PCとスマホで設定をします。

メーカーのサイトに専用のツール、アプリがあるので、それぞれダウンロードしてインストール。
WiFiで自動的に防犯カメラを見つけてくれるので、設定も簡単です。

防犯カメラ接続線

カメラが正常に稼働しているのを確認したら、雨が降ってもいいよう絶縁用のビニールテープでぐるぐる巻きにします。
接続しない音声用のケーブルは、最初から付いていた蓋をして終わり。

バルコニーに延長ケーブルを巻きつける

バルコニーの色と被っているので分かりにくいと思いますが、手すりの部分にケーブルを巻き付けてます。
もちろんカメラの設置部分に合わせるため、部屋から外に出すケーブルの長さを調節しました。

防犯カメラ配線

そして、ケーブルを巻き付けた後に先端の防犯カメラをバルコニーから垂らします。

防犯カメラ設置

カメラがぷらんぷらんしてるのを確認して1階外へ移動。

バルコニーの柱に防犯カメラを取付ける

2階から降ろした防犯カメラを、ハシゴに乗って取り付けます。

防犯カメラ設置

柱への取り付け方は簡単です。
自転車荷台用のゴム紐を防犯カメラにぐるぐる巻きつけるだけ。

素人&バルコニーの柱を傷つけたくないので、穴を空けたりして設置することはしたくありません。なので一番簡単なこちらの方法を取りました。
かなりきつく縛るので、強風が吹いてもカメラの角度は変わったりしません。

貸家に住んでいた時もこの方法で防犯カメラを取付け、台風の最大風速40mにも耐えております。
自転車荷台用ゴムはダイソーに売ってあるので、劣化しても買い直せばいいだけですね♪

 

ゴム紐を巻き付けた後は、撮れる映像をスマホで確認しながら角度調節を行います。
付属の六角レンチでもカメラの向きを変えられるので、それも一緒に行いました。
防犯カメラ設置

取付け後はこんな感じ。

安っぽく見えるのは気にしないのが吉ですね(笑
カーポートに隠れてあまり目立ちませんし♪

防犯カメラ設置

これで無事取り付けられました。

防犯カメラの映像

取付け後ちゃんとキレイに撮れているか最終確認します。

念のため昼と夜の映像を。

防犯カメラの映像(昼)

防犯カメラの映像(夜)

上画像のとおり結構キレイに撮れてます。
赤外線LEDが付いているため、夜もはっきり写ってますね~♪

なお、この画像はスマホのスクリーンショットです。

夜の防犯カメラ

夜はこのようにLEDが光ってます。
あまり発光しているわけではないので上を見ない限り気付きません。

  スポンサーリンク

防犯カメラを自分で設置するときの注意点

自分で設置してみて気付いたことや、助言など

防犯カメラ選びは慎重に

今回私が買った防犯カメラは、撮った映像をカメラ内部のmicroSDカードに保存します。

宅内にハードディスク等を設置する必要もないので、取付けは簡単だし値段も安いんですがもし防犯カメラ自体を盗まれたりした場合は手元に何も残りません(+_+)
一応設置した防犯カメラは、目立たない&私がジャンプしても届かない所に取り付けたので大丈夫かとは思いますが・・・。

傍から見ると防犯カメラの仕様なんて普通分かりません。
でも用途に応じて慎重に選んだ方がいいですね。
やっぱり高い方が性能もいいし、撮った映像は宅内に保存した方が安全です(/・ω・)/

私は予算の都合上こちらのカメラを選びましたけどね~。

隙間ケーブルを活用する

我が家の場合、新築時に防犯カメラ用の壁穴を開けてもらったわけですが、普通の家ならまずそんなものはありません
貸家に住んでた時も運よくエアコン配管用の穴が空いてたので、そこを通して防犯カメラを設置しました。

では壁に穴が空いていない家はどうするかというと、窓用の隙間ケーブルを使用します。
こういったものです。
(↓リンク先の隙間ケーブルが、私の紹介した防犯カメラに使えるのかは確認しておりません)

窓の隙間を利用してケーブルを外に通すわけですね。
・・・でも正直言ってLANケーブルならまだしも、電源ケーブルを窓の隙間に通すのはちょっと気が引けます。
断線でもしたら火事になる可能性もありますからね~。

ちょっと高いお金払って壁に穴を空けるか、外にコンセントを付けた方がいいかもしれません。
ま、こういう方法もあるっていうことで(/・ω・)/

防犯カメラ付近のケーブルは下に垂らす

上記のように新しく購入した防犯カメラを設置したんですが、バルコニーから繋いだケーブルをそのまま上からカメラに繋いでしまったため、ケーブルを伝ってきた雨がカメラ内部に入り込みmircoSDカード及び防犯カメラ本体が故障しました(+_+)

補償期間内だったのでカメラは新品になったんですが、送料等の無駄な経費がかかることに・・・。

防犯カメラ本体に接続するケーブルは一度垂らした後、カメラに向かうよう設置してください。
文字にするとこんなんです⇒「し📹」
写真だとこんな感じ↓

まとめ

こういったふうに素人でも防犯カメラは設置できます♪
でも、完璧にしたいのならやっぱりプロに頼まないと無理ですね~。
私みたいにゴム紐で設置すると見栄えも良くないので。
費用は数倍かかるとは思いますが・・・(/_;)

それでも自分で防犯カメラを設置しようと考えている方は、参考にしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
田舎サラリーマンが建てる新築住宅

コメント