新築の玄関アプローチをDIYして大失敗した話

新築の玄関アプローチをDIYして大失敗した話

我が家は玄関アプローチをDIYしました!
2018年9月頃の話ですけどね~。

理由は家づくり費用の削減のため。
他の外構費用が270万円を超えたので、少しでも抑えようと思ってがんばりました!
が、大失敗してしまいました(笑
その時のことを今回書きます~。

理想の玄関アプローチ

物置を探しに行ったとき偶然見かけたナフコのアプローチです。

アプローチをDIYしようと決めた矢先に見つけたので、ピーンと来て写真を撮りました。
レンガと枕木の組み合わせですね~。年期が入ってもいい感じの色合いになりそうです。
おしゃしゃってぃー♪

このときは適当に組み合わせて、それっぽくすれば作れるだろうって思ってました(笑

DIYした場所について

↑の赤枠部分です~。

玄関アプローチ12.2㎡になります。
で、実際の写真はこれ。

DIYと言っても「砕石転圧」だけはユニバーサルホームにお願いしてます。
事前にネットで調べたところ、転圧機というものを使って整地しないとガタガタになるみたいだったので・・・”(-“”-)”

まぁ、普通の人は持ってないですよね~(/・ω・)/
わざわざ借りてくるのもイヤだったのでユニバに任せました。

他の地面の高さより-5cmになってます。

  スポンサードリンク

転圧後気付いてしまったこと

転圧後に玄関前に立ってアプローチのデザインを考えてたら、「玄関アプローチ西側部分(赤枠)も砂利でよくなかった??」となり、こちらも砂利にすることに。

・・・結局ナフコで防草シートを買ってきて、自分達で張りました。


砂利はユニバに相談したところ、なんと無料で譲ってくれました。
他の外構は全てお願いしてたのでサービスですね~(笑

ここも始めからお願いしておけばよかった(/・ω・)/

玄関アプローチDIYのため購入したもの

上記防草シート含め全部書きます~♪

1.インスタントセメント20kg

水と混ぜてレンガや枕木の下に敷くものです。
固定用ですね~。

1袋で高さ1cmを1㎡敷けます。
足りなくなると困るので若干多めに購入。

1袋496円を20袋。
金額 9,920円(税込)

2.U型ピン押さえセット10P


↑画像の下に写ってます。

防草シートを地面に固定させるもの。
トンカチなどで叩いて突き刺します~。

我が家の地中は大きい石が大量にあるので、途中までしか刺さらないことが多く苦労しました(/_;)
途中で止まってしまったものは横に曲げてます。

1セット428円を2つ購入。
金額 856円(税込)

3.強力防草シート1×10m

敷いた場所の横幅が1.7mぐらいあったので、途中で切って重なるようにしてます。
他の場所はもっと品質のいい防草シートが貼ってありますが、ナフコにこれ以上の高級品はありませんでした。

金額 2,480円(税込)

4.アーザンペーパー レッド

アプローチ用のレンガです。
ナフコに置いてあったレンガの中で一番気に入ったもの。

後述しますが、これを買ったのも失敗の一つです。

ちょっと多めに100個購入。
金額 9,800円(税込)

5.アーザンペーパー クリーム

こちらは↑と同じ種類の色違いレンガ。
同じく100個購入。
金額 9,800円(税込)

6.固まる土まさ太郎15kg

レンガや枕木との隙間を埋めるために必要なもの。
隙間を埋めるだけなので1袋のみ購入。
金額 559円(税込)

7.スリーパーウッドL-675

アプローチ用のコンクリート枕木(長さ67.5cm)です。
コンクリートで出来てるためホントの枕木と比べ腐ったりしません。
結構重いです。

4つ購入しました。
金額 4,968円(税込)

8.スリーパーウッドL-900

同じくコンクリート枕木です。
こちらは長さが90cmあります。

在庫全部12本購入しました。
金額 18,792円(税込)

合計

占めて金額 57,175円(税込)

注)DIY後余ったインスタントセメントは返品したため、実際は54,196円(税込)です

意外とかかりましたね~(゜.゜)
今回もポイント5倍の時に買ったんですが、5万円しか持ち合わせがなかったので、残りのクレカ支払分はポイント少なくなってます(/_;)

ちなみに実家の軽トラで全部持って帰ったんですが、車が不安定で若干怖かったです。
多分積載量ギリギリだったんでしょう・・・。

買ってきた玄関アプローチの材料はこんな感じに置いておいて、DIY作業は次週に持ち越し。

大失敗の玄関アプローチDIY作業

作業当日、道具もこんな感じに揃えました。

セメント練る為のスコップや、レンガ枕木を叩くためのトンカチ、水平を測るための透明なホースと糸などなど。
前購入してたものや実家にあったものを引っ張り出してきました。

んで、いざ作業開始!

こんな感じに最初に仮置きした後、水平を透明ホースで測って傍に水糸を張ります。
水糸を見ながら練ったセメントを敷いて、その上にレンガや枕木を置いて行くわけです。
セメント練って敷いて、レンガ枕木載せて、トンカチで叩いての繰り返し。

で、いろいろ失敗しました(笑

  スポンサードリンク

1.水平に張った水糸に引っかかる

我が子も近くに居たので、「水糸に引っかかるなよ~^^ノ」などと言いながら作業を開始した途端、自分で引っかかってしまうという・・・。
目立つ色を選んだつもりなんですが、それでも細いので見えにくいです。

以降水平を測るのがメンドくさいため、水糸張らないで作業しました。
正直これが一番の失敗ですね。

アプローチがガタガタになりました(/・ω・)/

2.練ったセメントが飛び散る

スコップでセメントを練るのが結構大変。
水を入れながら力を入れて練るので、どうしても飛び散ります。

おかげで、周りの砂利、外壁、ベランダの柱などにくっ付きました。

1年経った今でも跡が残り、砂利はアプローチ周りだけ若干色が違います(/・ω・)/

3.レンガが割れる

ナフコで現物のレンガを見た時、嫌な予感がしたんですよね~。
商品として置いてあるのに、数個既に割れている・・・。

持ち帰る時は割れていないレンガを選んだんですが、軽トラックから降ろす際既に数個割れてました(笑
多分振動で割れたんでしょう。
どうやらアプローチに設置してはいけないレンガを買ったようです。

1年経った今、玄関アプローチのいくつかは割れてます(/・ω・)/

4.筋肉痛がヒドイ

セメント練る、レンガ枕木の持ち運び、座ってトンカチで叩く・・・全部足腰を使います。

作業は半日で終わったんですが、それから3日間程かなりの筋肉痛になりました。
次の日に至っては歩けないほど・・・^^;
年ですね(笑

まとめ

出来上がった玄関アプローチがこれ。
完成直後の写真を撮り忘れたので、1年後の写真です。

遠くからじゃいい感じでしょ?
でもダメダメなんです(笑

よく見ると↑に書いたようにレンガは割れ、ガタガタし、周りの砂利の色が違ってます。
せっかく買った固まる土も「どうせガタガタしてるからいいや」とやる気をなくして、使ってません。
枕木に至っては、片方に重心を掛けると若干浮いたりします(笑

ま、いい思い出になったので1年経った今でもそのままにしてますけどね~♪

私もネットで玄関アプローチをDIYしてるブログやサイトを見て、実際に行ったんですが思った以上に大変ということが分かりました。
私みたいなめんどくさがりの素人は止めておいた方が無難です。

もし玄関アプローチがさらにボロボロになってきたら、今度こそはユニバーサルホームにお願いする予定。

撤去料含めて30万円超えそうですけどね~(/_;)

スポンサードリンク

フォローする