[地熱床システム]畳の裏にカビが発生!行った掃除方法と対策

新築して一年が過ぎ家族円満で平和に暮らしていたところなんと、題名の通りショッキングな出来事が起こりました。

和室の畳の裏にカビが発生している!!”(-“”-)”

まーちょっとは予想してたんですけどね~。

なぜかというと、、、↓の資料を見ていただきたい(/・ω・)/

これは我が家の打ち合わせの時に使用した、仕様書の一部になります。
建具の色やメーカー、畳の種類等これを使って決めていったわけですね~。

で、重要なのが赤枠で囲ってる部分。
抜粋して書くと

※い草畳表は栄養分が高いため湿度が高い時にカビが発生する場合があります
(特に入居後一年間)

ということで、見事に我が家はカビが生えてしまったわけですね(笑

ホントは「入居後一年経っても我が家はカビなんて生えません」みたいな記事を書こうと、畳を試しにめくってみたんですが、逆になっちゃいました(+o+)

最初発見した時は数分ショックを受けてたんですが、どうにかしないといけないと思い下記のような掃除方法と対策を行いました~。

  スポンサードリンク

ユニバーサルホームの畳

地熱床暖房があるため、こんな感じで薄いです。
暑いと床暖房の効果が薄れてしまうからでしょうね~。

普通の畳の半分ぐらいの厚さかな。
おかげで剥がす時や持ち運ぶときは楽に済みました。

畳の裏のカビ

こんな感じ。ご飯中の方は見ない方がいいかも(笑

黒、白、黄色、色とりどりですね。
端の方(イ草の部分)だけカビが生えてました。

また、畳を剥がすとすぐコンクリートになってます。
そこにもカビが発生してました(/・ω・)/

行った掃除方法とカビ対策

1.マスク、ゴム手袋を装着し
2.たわしで擦って
3.掃除機で吸って
4.消毒用エタノールをかけて
5.日干しする

これだけ。

ネットで調べたんですが、これぐらいしかありませんでした。
家の中のコンクリ床掃除方法とかさすがに見つかりません。

すぐにドラッグストアへ買いに行き、お掃除開始!

(写真には風呂場用カビハイターが載ってますが、和室は寝る場所なので使いませんでした)

カビって意外と粉っぽくて、たわしで簡単に取れます。
ただし、黒カビ以外。
黒カビはどうしても残ってしまいますね~。
コンクリ部分も完全には取れませんでした(/_;)

しょうがないので、取れたカビだけ掃除機で吸って消毒用エタノールかけて終了。
汚いので掃除機用の紙パックも交換しておきました。


↑は消毒用エタノールを散布した後のコンクリ床と日干しした畳です。

まとめ

ホントは↑の仕様書中にあるように、「木織」っていう「和紙畳」にしていたらカビも生えなかったかもしれないんですよね~。
打ち合わせの最中に「カビができにくい」と担当者から言われたんですが、費用が約10万円だったんで、ケチってこうなったわけです(笑

新築に畳を敷かれる方は和紙畳にしておいた方がいいかもしれません。

我が家もまたカビが生えそうな気がするので、もし次生えたら「和紙畳」に変えるかも。