新築は火災保険料が安くなる「省令準耐火構造」で建てるべき!

構造設備

今回は省令準耐火構造について書きます~。

ちなみに私は省令準耐火構造で家を建てることによって、構造がどういうふうに変わるのかは詳しく知りません。

 

簡単に言うと外壁、内壁、床などに部材を追加して、家全体を燃えにくくするってことらしいです。
また、部材を追加することで断熱性が高くなります。
で、重要なことが一つ。

スポンサーリンク

火災保険料が安くなる

この構造で、木造の家を建てると火災保険料が安くなります。
保険会社によって違うので、安くならないところもあるかもしれませんが、ほとんどの会社で安くなります。

もちろん鉄骨造などは元から安いので、省令準耐火構造で建てれたとしても保険料は変わりません(‘ω’)

 

私が勤務している保険会社で試算したところ、通常の木造住宅と比べ年間約4万円保険料が下がりました。(注 補償の内容にもよります!)

「たった4万円・・・(笑」と思われる方もいるかもしれません。
ただこれが毎年続くとなると30年で120万円に!この差は大きいですよね!!

私の会社でこれだけ違うということは、他の保険会社だともっと違う可能性があるってことです。

各損保会社の保険料を比較してみた

実際どのくらい違うのかi保険さんのサイトより試算してみました。
H構造(通常の木造)を(木)、T構造(省令準耐火構造)を(省)とします。

試算条件
・建物の所在地:東京都
・保険金額  :建物2,000万円 家財500万円
・地震保険  :あり
・保険期間  :5年(地震保険の期間と合わせました)
・保障の範囲 :A火災等、B風災等、C水災、D盗難等
・試算基準日 :2020/4/2


保険料の比較

東京海上日動:370,700円(木)
      :206,380円(省)
5年分の差額 :164,320円     30年なら985,920円

  日新火災:404,750円(木)
      :225,280円(省)
5年分の差額 :179,470円     30年なら1,076,820

   セコム:342,020円(木)
      :203,160円(省)
5年分の差額 :138,860円     30年なら833,160

  楽天損保:327,900円(木)
      :192,330円(省)
5年分の差額 :135,570円     30年なら813,420円

   SBI損保:353,980円(木)
      :200,630円(省)
5年分の差額 :153,350円     30年なら920,100円

損保ジャパン:370,470円(木)
      :221,150円(省)
5年分の差額 :149,320円     30年なら895,920

簡単に試算してみましたが、30年間で80万~108万の違いです。
会社によって結構差がありますね。

ちなみに、2019年10月よりT構造、H構造どちらとも保険料が値上がりしてます。

  スポンサーリンク 

省令準耐火構造で建てるために必要な費用

私が契約したユニバーサルホームの場合だと、35坪で70万かかると言われました。
結局、外壁がALCだったおかげで、省令準耐火構造にしなくても安い方の保険料で契約できたんですけどね♪

ちなみに、タマホームだと坪1万円ぐらいだったような・・・”(-“”-)”
ユニバーサルホームより格段に安かったのは覚えてます(笑

タマホームの場合、外壁はサイディングが標準仕様なので省令準耐火構造にしないと保険料は安くなりません。

木造なら省令準耐火構造に!

ネットで調べると、省令準耐火構造のメリットやデメリットが書いてあります。

が、私から言わせると

木造の家を建てるなら、絶対に省令準耐火構造で建てた方がいいです!

↑で30年分の保険料を比較しましたが、実際は30年以上住んだりします。
つまり、それ以上の差額が発生してくる可能性があるわけです。

省令準耐火構造にする費用が200万円とか掛かってくるのなら話は別ですが(*_*)

 

私自身もハウスメーカーがユニバーサルホームじゃなかったら、確実に省令準耐火構造で建ててました。
損害保険料がもったいないですからね~。

ハウスメーカーの中にはこういった情報を教えてくれない、知らない営業さんもいます( ゚Д゚)

これから木造で家を建てようと思っていらっしゃる方は、「省令準耐火構造」のことを頭の片隅に入れておいてください(‘ω’)ノ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
田舎サラリーマンが建てる新築住宅

コメント

  1. ぱぱ より:

    タマホームは、坪5250円でしたよ!