便利なコンセントの位置や注意点・オススメする場所

家づくり 構造設備

私も新築のコンセントの位置を決めるときは若干悩みました。
それでも打ち合わせ回数は2回ぐらいで済んだんですけどね~。
間取りも決まり、着工入った直後だったので家づくり最後の方でした。

今回は我が家のコンセントの位置や注意点、オススメする場所などを書きますので、同じく設置する場所で悩んでる方の参考なれば~♪

スポンサーリンク

我が家のコンセントの配置

我が家は4LDKの延べ約37坪です。図面はこちら。

まず1階。

我が家の1階のコンセント配置図

そして2階。

我が家の2階のコンセント配置図

基本、家の中全て「電源コード付掃除機」で掃除できるよう配置しました。
コードが届かなくて困ったらイヤですからね~(/・ω・)/
延長コード持って掃除なんてしたくありません。

なお、コンセントの設置場所は赤枠で囲っている部分になります。
自分で数えてみましたが、意外と多いですね。全部で30個以上あります。
(エアコンのコンセントは載ってません。)

 

ユニバーサルホームは各部屋2つまで無料でコンセントが付いてます。
後悔しなくてもいいよう、結構多めに追加したつもりだったんですが、最終的に15,000円ぐらいの追加工事費用で済みました。

で、新居での実生活を始めた後、いろんなことに気付いたので上記コンセントの一部を抜粋して紹介します。

冷蔵庫上部のコンセント

冷蔵庫上部のコンセント

先ほどの図面を見れば分かるように、高さが「H=1900」と指定してあります。
これ、私が場所も高さも指定した訳じゃなく、ユニバーサルホームの工務の方が決められました。
私的にはGJなんですが、人によってはコンセントを晒すのが嫌な方もいらっしゃるかもしれませんね。

とりあえず、冷蔵庫のコンセントは冷蔵庫に被らない場所に設置した方がいいです。
もし地面近くに設置していたら、冷蔵庫と壁の間に必要のない隙間ができるところでした・・・(*_*)

 

なお写真をみれば分かるように、冷蔵庫天井部からコンセントまであと10cmほどしかありません。
我が家の場合は今後冷蔵庫を新調するとき、高さも一緒に考えて購入する必要がありますね。
・・・ちょっと離してキッチン側に付けておいてもよかったかもしれません(/・ω・)/

  スポンサーリンク 

エアコンのコンセント

エアコンのコンセント

画像にはエアコンが写っていません。

これは将来エアコンを買った時、必要になるだろうということで設置してもらった2階のコンセントです。ちゃんとアースも付けてあります。

新築と同時にエアコンを全室設置される方には関係ありませんが、後で追加しようと思っている方には必須かもしれません。
エアコンを取付けるためにコンセントも新しく作らないといけないなら、さらにその分の費用がかかりますからね~。こういったものは新築した時に用意しておくのが吉。

なお壁の方もエアコン設置用に補強してあります。

これは気が利くハウスメーカーの担当者から提案いただきました。

リビング角(テレビ周り)のコンセント

リビング角(テレビ周り)のコンセント

テレビ周りのコンセントになります。

現在「テレビ、レコーダー、Switch、Wii、chromecast」で埋められており、1個足りないので電源タップを混ぜてます。
6個は欲しかったなぁ。。。

またコンセントを簡単に抜き差しができるよう、もうちょっと上に設置しテレビで隠す、もしくは壁際辺りに設置するべきでした。
どんなテレビ台を買うのか引渡し前に決めてなかったので、ここも甘かったです。

 

テレビ周りのコンセントは設置するテレビ台電化製品の数などで、適正な個数や位置も変わってきます。
ここはよく考えて設置する必要がありますね~。

2階東部屋(ネット回線)コンセント

2階東部屋の南側コンセントになります。

2階東部屋(ネット回線)コンセント

我が家もネット回線を引いてますので、ルーター等のコンセントが必要です。

この場所で使っているコンセントは「光回線の終端装置(ONU)、Wifiルーター、光BBユニット、防犯カメラ、扇風機」の計5つ。
ここも2箇所じゃ全然足りません。個数を増やしておくべきでした。
ネット回線引かれる方は、装置用のコンセントを十分用意しておいた方がいいでしょう。

 

また、こういったネット回線で使用するルーター等は埃が被ってしまうので、実家から持ってきた椅子に全部隠して収納しております。

ホントは↓みたいなオシャレなルーターボックスに入れたかったんですが、東側の壁からコンセントまで若干離れていたため諦めました・・・(*_*)
こちらも壁際ギリギリにコンセントを設置しておくべきでしたね~。

ダイニングテーブル下のコンセント

ダイニングテーブルでIH鍋、ノートPC、アイロン、扇風機などを使用するときよく使います。

テーブル下にあった方が見栄えは良さそうと思ってここに設置したんですが、利便性を考えるとテーブルの上でも良かったような気が・・・。
抜き差しする時、屈む必要があるのでメンドくさいんですよね~。
どうせお客さんなんて滅多に来ないし(笑

とりあえず、テーブル周りにコンセントがあると便利です。

  スポンサーリンク

キッチン前のコンセント

キッチン前コンセント

こちらもIH鍋、ミキサー、ノートPCを利用するとき使います。

ただこのコンセントを利用すると、電源コードがキッチン側に膨れてしまい若干調理しているとき邪魔になります。

キッチン付近にコンセントは絶対必要なんですが、コードが邪魔にならないようキッチンカウンターの上かIH前の壁横にしておいてもよかったかもしれません。

キッチン背面収納のコンセント

キッチン背面収納コンセント

写真を見る限り普通なんですが、コンセントを下の方に設置してしまったため電子レンジを壁にぴったりくっつけることができません。
もし付けようとすると電源コードが潰されてしまいます。
これによりレンジ左側のスペースがちょっと無駄。

レンジを若干前に出して隠すことはできますが、コンセントの抜き差しにいちいちレンジを移動させないといけないので、やはり面倒ですね。

これも位置をちょっと上側に設置すべきでした。

リビングのソファー上コンセント

リビングのソファー上コンセント

図面に載ってますが、高さが120cmあります。
着工前から3人用ソファーを買うことは決めてたので、近くの壁にコンセント設置してみたところ最高に便利。
一番使用するのは画像のとおりスマホ充電なんですが、ドライヤーやswitchにも使ったりします。
ソファー自体も上部になにか置けるようなものにするとさらに〇。

ちなみにソファーの南側にもコンセントを付けたんですが、現在はこうなってます。

リビングソファー横のコンセント

ハンガーラックを置いているので、全く見えなくなりました(笑
多分今後使うことはありません・・・(/・ω・)/

 

「ソファーでコンセントが隠れてしまう!」とかたまにネットで見ます。
上部に設置しておけば何人用を買っても隠れることはありませんので、ソファーを置かれる方にはかなりオススメです♪

収納内コンセント

収納内コンセント

我が家はお掃除ロボットを使ってます~。
普段邪魔にならない場所に収納したかったので、収納内にコンセントを設置しました。

小さめのコードレス掃除機

掃除機ロボットの充電・格納にはもちろん役に立ってるんですが、写真の通りコードレス掃除機も収納及び充電ができるのでオススメです♪壁があるので立てかけるのも楽。
ただコードレス掃除機が大きいほど上の収納部分を圧迫してしまうので、ダイソンみたいなものは買えませんけどね~。

ちなみに私が購入したのはこちらです。

詳しくは別記事にしてますので興味ある方は是非(/・ω・)/

[WEB内覧会]ロボット掃除機使いにオススメの可動棚収納

屋外コンセント

我が家は屋外コンセントを2つ設置しました。

屋外コンセント南西

屋外コンセント南東

場所は南西(上)と南東(下)

南西は高圧洗浄器、車掃除するときの掃除機用。
南東はバーベキューコンロ(電気)、電撃殺虫器用で使ってます~。

屋外コンセントは便利なんですが、失敗点が一つ。
カバーを被せてあるため差し込み穴が上から見えない(*_*)

コンセントを挿す時は、ちょっと下に潜って覗き込む必要があります。
楽に挿せるよう、もっと上に設置すべきでした。

助言とまとめ

打ち合わせ2回で決めたにしては、そこまで不便ではありませんね~。
足りなくてマルチタップ使っているところは見栄え悪いけど・・・(笑

今この記事見ててコンセントの配置で悩まれている方もいるかと思います~。
それで助言したいことが3点

1つ目は「悩むなら付けろ!」です!

個数を増やすことにより費用が増えたとしても、家づくり全体の費用からしてみれば大したことありません。
付けるかどうか迷ってる箇所があれば、後悔しないよう付けておいた方がいいですよ~♪

ま、我が家の階段途中コンセントみたいに使わない可能性もありますけどね・・・(/・ω・)/

階段途中コンセント

次2つ目。
設置する場所も重要ですが個数も重要です。テレビ周りなどは4つじゃまず足りません。

設置しようとしている場所にいくつ電化製品を置くのかこちらもよく考えた方がいいですね。
今は必要でなくても、そのうちゲーム機等の家電類が増えるかもしれないので将来のことも見据えて・・・。
考えるのが面倒な方は、1つ2つ余分に増やしておくのが手っ取り早いかもしれません。

 

そして3つ目。

細かな位置調整も重要です。
私が上記で紹介してきたコンセントのうち、ハウスメーカーの担当者に細かな位置を指定したのはソファー上のコンセントだけでした。

コンセントの話を担当者と打ち合わせるときには、それまでにどの家電(できれば型番まで)を買ってサイズはどれだけなのか調べておき、どこに置くのかまで決めておけばコンセントの配置は完璧に決められると思います。
我が家はこれをしなかったので、ダイニングテーブル下やキッチン背面収納など、ホントにすこーーーしですが不便です。

 

最後に・・・
場所と個数、どちらも真剣に考えてコンセントは設置してくださいね♪
家中マルチタップ、延長コードだらけになるとかなり不便ですよ~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
田舎サラリーマンが建てる新築住宅

コメント