ユニバーサルホームの標準仕様の床材

ユニバーサルホームの標準仕様の床材

外装が決まった後は内装ですね。

順番はバラバラに決めて行ったんですが、床材は特に時間を使いました。
家の中で常に目につくものなので結構考えたかも。

巾木や建具の色に合わせないといけないので、変な色にはできません(-“-)

床材を選んでる途中に、他の内装が決まっていったような感じなので、決めるのに1か月以上かりましたね~(笑

ユニバーサルホームの床材

標準仕様はフローリング材(YKKAPのタフテクトN)と無垢材(ウッドワンの無垢ピノアース)の2種類があります。

ただし2階を無垢材にするとオプションになります。標準で無垢の床材を使うことができるのは1階のみってことですね~。
なお、階段も「タフテクトN」が標準仕様となっております。

ちなみにオプションの床材として、will-suzukiの無垢床材が数種類ありました。
金額的には1階部分約30㎡(キッチン、トイレ、洗面所などを除く)で税込20万円(工賃込)

1㎡あたり約7千円弱ですが、特に安くもなく高くもなく、、、まぁこんなもんなのかな(/・ω・)/

  スポンサードリンク

無垢の床材は肌触りが違う!

実際サンプルを触りながら床材を選んだわけですが、やはり無垢材は肌触りが違いますね~!さらさらしてて、ものすごく優しい♪

とくにオプションであるwill-suzukiの無垢床材は、ずっと手で触っていたくなるくらい(笑
色も高級感があって、最初はwill-suzukiの無垢床で話を進めてました。

なお、実際の色はこんな感じです。(ユニバーサルホームのHPより拝借)

もっといい色の無垢床材を探してみた

床材を選んでいるうちに巾木と建具の話になったんですが、色の種類が少ないためどうも色が合わない。
どうせオプションになるのなら、ということで自分達で探してみることにしました。

サンプルの無垢床材の裏に、シールが貼ってありそれを元にwill-suzukiのホームページを検索。

しかし、数十分探しても見つけることができませんでした。

載っていないだけかもと思いwill-suzukiにメールを送ったところ、下のような回答が。

「お問い合わせの商品は、ユニバーサルホーム様のオリジナル商品の為、弊社のカタログ及びホームページには掲載が有りません。」

なんじゃそれ~(/・ω・)/

どうやらwill-suzukiはユニバーサルホームの地熱床暖房専用に無垢床材を作っている模様。

ユニバの担当者に確認してみると、普通の無垢板だと熱により反り返ってくるので、いろいろテストを行ったあと採用しているとのことでした。

つまりユニバーサルホームの1階床は、テスト後の床材しか使えません。
自分で探してきたものを、施主支給することはできないってことですね(‘_’)

ウッドワンの無垢床材に決定

最終的にオプション代を減らそうということで、標準仕様のウッドワンの無垢床材に決定しました。(色は左上のナチュラル)

巾木や建具の色にできるだけ合わせたような感じです。
モデルハウスに同じものが使われていたので、イメージが沸きやすかったというのもあります。
階段や2階のフローリング材も同じような色にしました。

またキッチン周り、トイレ、洗面所はタイルに決定。

  スポンサードリンク

まとめ

自分達でいろいろ探しましたが、結局標準の無垢床材になりました。
床暖房の場合、必然的に使える床材は限られてきます。

最初から営業さんに話を聞いておけばよかった(笑

追記

無垢床材の色だけ求めてたので、途中サンプルを請求した企業もありました。
請求後に施主支給できないと分かり、悪い気がしたので一応宣伝しときます(‘Д’)

(株)ナカムラ・コーポレーションからサンプル無料ということで取り寄せてみました。
中身はHM担当者用と施主用にカタログが2冊、無垢床材サンプルが3つ。

無垢床のカタログだけあって、オシャレなものがいっぱい載ってます。

こんな組み合わせ方もできるんですね~!

なお、サンプル3つは新築後のインテリアとして使わせてもらう予定です。

オシャレな床材を探されている方は、是非(株)ナカムラ・コーポレーションのサイトを見てみてください(‘ω’)ノ