尺モジュールとメーターモジュールの間取りで悩んだこと

前回のつづきです~。

大変なことが分かった!!って書いたんですが、今回の内容は住宅に関する知識がある方なら当たり前のことかもしれません(‘ω’)

とりあえず、貰ってきたユニバーサルホームの間取りがこれです。

そして桧家住宅さんの気に入った間取りがこれ。
桧家住宅さんのカタログより拝借)

この2つの間取りを見比べてみれば分かると思いますが、LDKと和室の面積が同じぐらいだし、延べ面積もそれほど変わらないように見えませんか~??

でも実はユニバーサルホームの間取りの方が、2階と合わせて4坪ぐらい広いんです。
だいたい8畳1部屋分。

ユニバーサルホーム:119㎡=約36坪
桧家住宅さん:105.98㎡=約32坪

どちらも総二階です。

  スポンサードリンク

ユニバーサルホームの面積が間違ってるんじゃないの?

最初はそう思いました。桧家住宅さんのは全国に配布しているカタログだけど、ユニバーサルホームのは個人で作成したようなA4一枚紙だったものだったので(‘ω’)

ただお客さんに見せたりするのに、間違えたりするかなと・・・。

そんな感じで2日間ぐらい悩んでた気がします。
営業さんに話してればすぐ解決することだったのに(笑

で、いろいろ調べてやっと分かりました!

ユニバーサルホームはメーターモジュール
桧家住宅さんは尺モジュール

上記の間取り画像で簡単に説明します。
桧家住宅さんの和室は4.5畳なのに対し、ユニバーサルホームの和室は約5.4畳あります。

桧家住宅さんのは分かりますよね。
写真を見ると4つの畳と半畳が1つあるので4.5畳
面積にすると縦2.73m×横2.73m=約7.45㎡

それに比べユニバーサルホーム場合、半畳に見える畳が実は1㎡あるんです。
なので縦3m×横3m=9㎡
半畳の畳が9枚あるのでそのまま数えてもいいですね。

つまり同じぐらいの面積と思いきや、ユニバーサルホームの方が1畳近く広いんです。
和室でこれだけ違うと、家全体の面積も大幅に変わります。

どのくらい違うかというと、同じ間取りで約1.2倍
上記の桧家住宅さんと同じ間取り(約32坪)でユニバーサルホームの家を建てた場合、約38坪の家が建つってことですね~。
広くなるならいいじゃん!って思ってしまいそうですが、もし坪単価が全く同じ場合価格も1.2倍です。

これはーいただけない(/・ω・)/

  スポンサードリンク

メーターモジュールの間取りに悩む

実際にメーターモジュールの間取りを作ってみたんですが、どうしても坪数が広くなってしまいます。
だって↑のユニバーサルホームの間取りを見て削るとこありますか??

逆に廊下なんて付けてしまうと、坪数が増えて価格も上がります。

・・・こんな感じで悩みながら、約1か月間ずっと間取りを作成してました。
途中「尺モジュールにできたらなー、尺もじゅーるにできたらなー、シャクモとメタモ・・」とか現実逃避しながら考えてましたけどね。

まとめ

既にメーターモジュールでの間取りが決定しておりますが私は尺モジュール派です!
年収400万円の私には、広さより価格が重要です。

ま、ここで言ってもどうしようもないけど(笑

近いうちに、私が四苦八苦して作成したメーターモジュールの間取りについて書きます~。

追記

私の説明じゃ分かりにくい部分が多数あると思うので、調べみてください。
(*´Д`)ノ「メーターモジュールと尺モジュール
このモジュールの違いは家を建てるうえで、結構重要なことだと思います。
覚えておいて損はないはず!

ちなみに私が契約した会社はメーターモジュールのみでしたが、同じユニバーサルホームでも尺モジュールで建設可能なところもあるようです。
また、タマホームさんみたいに割増料金を払い、どちらのモジュールでも建てられるようなハウスメーカーさんもいらっしゃいます。

間取り作成段階に入ったら一度聞いてみるといいかもしれませんね~。