太陽光発電のデメリットと私が設置しなかった理由

ユニバーサルホームはオール電化が標準装備です。
なので最初は太陽光発電のことも考えました。
売電して住宅ローンの返済額に充てようって思ってたので・・・。

しかし、我が家は太陽光パネルを乗せませんでした!

いろいろネットで調べてみて、デメリットになる部分が多すぎたのでやめました。
途中までどうしようか迷ってましたけどね(笑

一応メリットを書いとくと

1.ソーラーパネルにより発電した電気を自宅で使用するため、電気代が下がる。
2.発電した電気を売電し収入を得ることができる。
3.停電時も電気が使える。

まぁ、当たり前のことですね。

太陽光発電を設置した場合の収入計算

私も人から聞いたりネットでシミュレーションしたりして、どのくらい家計にプラスとなるか調べてみました。

容量4kwのソーラーパネルの設置費用を130万円(ユニバーサルホームもタマホームさんもこのぐらいでした)とすると、住宅ローンの借入額も130万円増えるので、毎月のローン返済額が約4,000円(金利1.0%返済期間35年)上がります。
トータルすると4,000円×12か月×35年=168万円

また容量4kwの太陽光発電を設置した場合、毎月平均約13,000円収入が増えます。電気代が安くなるのと、売電収入の合計ですね。

太陽光発電の設置費用168万円を毎月のプラス分13,000円で割ると、約11年で元が取れる計算になります。ちょっと長い気がしますね。

※いろんなサイトを見ても、太陽光発電の設置費用を住宅ローンで払うことは書いてありませんでした。
全部キャッシュで払うお金持ちの方なら、上記の設置費用をそのまま130万円で計算してもいいと思います。その場合だと8年ちょっとで元を取り返せます。

  スポンサードリンク

太陽光発電のデメリット

一部主観が混じってます(笑

1.外観を損なう

そのまんまです。ソーラーパネルを設置することにより見た目が悪くなります。
気にしない人はデメリットにはなりませんね(笑

屋根の色と外壁の色を合わせたい人は嫌かも。

2.売電価格が下落中

毎年売電価格が下がってる模様。
最初の10年間は売電価格が決まってますが、10年過ぎると変わります。
予想だと、今の売電価格の半分以下になるとか・・・。
最悪元が取り返せない可能性も??

3.維持費がかかる

パワコン変えたり、パネルを掃除したり・・・。

頻繁に費用がかかるものではないんですが、長期的に見るとやっぱり維持費がかかります。
単なる故障などは保証期間が終わってしまうと、全部自腹切らないといけません。

4.動物が巣を作る

これは私の知り合いに実際起こった話なんですが、ソーラーパネルの裏にスズメバチがハチの巣を作りました。
保証期間内だったので、撤去費用はかからなかったようですがやっぱりイヤですよね~(*_*;

保証期間を過ぎてしまうとやっぱりこれも自腹です。
自然災害や火災等ではないので火災保険も使えません。

なおハチだけではなく、鳩も巣を作るようです。(‘ω’)ノ「巣 ソーラーパネル

私的にはこれが一番のデメリットかも。
小さい子供さんがいる家庭ならなおさら~(/・ω・)/

5.強風で飛ぶ

2018年に大阪を直撃した台風21号は凄かったですね(+o+)
私もtwitterやニュースサイトで動画や写真を大量に見ました。
その中には太陽光パネルが落下したり飛んでいったりしているものも・・・。

ほとんどがマンションの屋上や独立して設置されている太陽光パネルだったんですが、中には戸建てのものもちらほら。

強風で太陽光パネルに被害が出た場合、メーカー補償や損害保険があれば金銭面はなんとかなります。
でも、落ちたり飛んでいった太陽光パネルが近隣の住宅、人、車に被害を与えた場合、相手も自分もいい気がしませんよね~。

自然災害が原因なので基本的に賠償責任は発生しませんが、だからといって何もしないとご近所トラブルにも発展しかねません。

台風の度に上記のことで不安になるのなら設置しない方がマシです。

  スポンサードリンク

6.売電収入は申告する必要がある

容量が4kwぐらいだと、売電収入は年間20万円超えません。
なので市・県民税の申告を自分で計算し行わなくてはいけません。めんどくさいです。
ちゃんと申告してる人とか居るんだろうか・・・。

ちなみに、申告をお願いをしているどっかの市のサイトです。

7.発電量が気になる

これは私の性格上の問題ですね。

設置してしまうと、やはり売電を行うため毎日の発電量が気になります。
そして毎日発電量をチェックするでしょう。

発電量が減ったら減ったで、その原因が気になります。
でも、その原因は多分分かりません。
イライラします。

自分の性格ためにも付けない方がいいですね。

8.太陽光パネルが気になる

これも私の性格上の問題です。

設置してしまうと、太陽光パネルがどういう状況か毎日気になります。
汚れてしまうと発電量が落ちるため、キレイにしておかないといけません。

パネルのどこかに鳥の糞や雪などが被っていた場合、それを取り除こうと下から水などを掛けたりするでしょう。
雨風で取り除かれるかもしれませんが、それまで待つのが性格上無理です。

やっぱり付けない方がいいですね。

まとめ

太陽光パネルを設置して上記の収入計算の通りにいけば、毎月住宅ローン返済に役立ってくれるでしょう。

ただ私の場合、高額な住宅ローンを組み生活する上で、少しでも金銭的不確定なものに手を出したくないというのが本音です。

保証期間終了後にパワコンが壊れて交換費用に20万円かかるとか、ハチの巣撤去に10万円かかるとかですね^^;
こんな一度に費用がかかる可能性があるのなら、電気代をちょこちょこ払っていった方がいい気がします。売電価格だってどうなるかわかりませんし。

ついでに言うと管理するのがめんどくさいです。

ということで我が家は太陽光発電を設置しませんでした。

来年は2020年です。太陽光発電の仕様もこれからさらに変わっていくでしょう~。
つけるべきか迷ってる方がいらっしゃったら、後悔のないよういろんな意見や情報を参考にして決めてくださいね。

追記

陸屋根の場合だと、ソーラーパネルの掃除は自分でできるし、動物の巣なども自分で撤去できるため若干デメリットは減ります。

ただ、太陽光発電のために追銭払って陸屋根にするのは本末転倒のように思えます。
雨漏りの心配もありますしね~(-“-)

でも、陸屋根が標準仕様のハウスメーカーだったら付けてたかも・・・(笑

スポンサードリンク

フォローする

コメント

  1. 白あん より:

    長期保証で10年から15年付いてるので、地震以外の損傷や故障などは無償で対応してくれると聞いたんですが。それと、10年後に下がってもゼロ円にはならないと聞いてます。やるんだったら今年が最後のチャンスだと思う。

  2. ぼーち より:

    参考になりました、ありがとうございます^_^