ユニバーサルホームの地熱床暖房(地熱床システム)のデメリット?

打ち合わせ途中、引渡し前の新築に何度かお邪魔しております。
夏にも完成見学会へ行ったんですが、実際の部屋の広さや収納の大事さぐらいしか分かりませんでした。

ただ、この寒い冬の時期に行くと地熱床暖房がどれだけ凄いのか体感できますね。
玄関から家の中に入っただけで既にあたたたたたかーーーい!
1階全部(風呂除く)が床暖房だから、当たり前といえば当たり前なんですが。

空気が暖かくなるエアコンやヒーターと違って、床が暖かくなるので裸足でも快適です。
2階は若干冷たかったけど(笑

それでも、暖かい空気は階段を通って上へ行くので、2階でも十分地熱床暖房の効果を感じられました。

メリットは前の投稿記事に書いてましたが、今回は実際に体験してみて感じたデメリット?を記載しておきます。

1.野菜などをその辺に置けない

今住んでいる貸家では、キッチンの上やダイニングの床あたりに貰った野菜を置いてたりします。

白菜など結構大きいものを冷蔵庫に入れたら、他の野菜が入らなくなるんで。

家の中が寒いからこういったことができるんですよね~(/・ω・)/

地熱床暖房を使用すると1階全体が暖かいので、上記のようなことができなくなります。
野菜などをその辺に置いておくと、腐るのが早くなったりするわけですね。
人によっては収納場所に困るかも。

ウチの場合、冬の間はクーラーボックスに入れて勝手口外に置いておく予定です(笑

2.床下収納を造ることができない

まぁ、床下の空間がないから当たり前なんですけどね~。

現在、貸家には床下収納がありますが全然使ってません。
だって物を取るときめんどいですもん(笑

床下収納の代わりとなる収納を設置すればいいだけですね。

3.中途半端な寒さで使用すると暑くなる

外気温が10度ぐらいで、強めの風が吹いてる時に行ったんですが、家の中に入って一時したら汗を掻いてきました(笑
部屋の中を歩いてたりしたのもありますが、ちょっと暑かったですね。(夫婦とも痩せ形)

地熱床暖房のシステム上、一度暖めてしまうと冷めるまでに時間がかかります。
無駄に熱くしてしまうと電気代もその分かかるし、冬なのに半袖で過ごす羽目になります。

温度調節はできるので、間違って高めに設定しないよう気を付けたいですね。

  スポンサードリンク

4.心地良すぎて眠くなる

とても寒い時って足先の感覚がなくなる時がありますよね~。
そういった時に床の上に立つと、足先がジンジンして気持ちよくなってきます。

家全体がコタツみたいな感じ・・・は言い過ぎかもしれませんが、実際床に寝そべりたくなりました。
さすがに引渡し前の家なので遠慮しましたが。

仕事終わりにこんな暖かい家に帰ってきたら、確実に眠くなります。
床暖房をONにするときは、ちょっとだけ室内が寒いぐらいに設定してた方がいいのかもしれません。

まとめ

以上、地熱床暖房のデメリット?みたいなものを書いてみました。

でも、実際は地熱床暖房を体感してみて「ユニバーサルホームに決めてよかった!」ってこの時初めて思ったんですよね~!

なぜかというと、見学会後に自宅(築40年の貸家)へ帰ってきたら、家の中が寒いこと寒いこと・・・。
床なんて裸足じゃ歩けません、常に靴下&スリッパです。

ということで、やっぱり地熱床暖房は最高!ということが分かりました。私も早く新しい家に引っ越したいです(笑


今この記事を見ていて、地熱床暖房に興味を持たれている方もおられると思います。

しかし床暖房を体験できるのは寒くなった今(冬)しかありません。

建てるハウスメーカーを迷われている方は、是非モデルハウスに行ってみることをオススメします!
(私はユニバーサルホームの回し者ではありません。)

※2018/12/17追記

引渡後の地熱床暖房の仕様や我が家での使い方などはこちら